スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

見上げれば瞬く星



時々食材を調達に行くKALDIでイースターの可愛いチョコを発見
お菓子は日本のものが安価でも一番美味しい(口に馴染むのもあるでしょうが海外に比べると甘さ一つとっても何というか味わいが丁寧な気がして)と思うのですが、たまに買うとベルギーのチョコとか美味しいですね仕事終わりの午後、チョコのためにいそいそとコーヒーをハンドドリップしちゃいました

森川さんのブログで「ゲームの収録」って幻灯火様かなっ
ちょうど前の日に「白華の檻〜緋色の欠片4〜四季の詩」のサイトが更新されてないかな〜と見に行ったらキャラクターや製品情報、開発者ブログなども。発売日はまだ年内とだけで未定のままでしたが(ちょっとホッとした)開発者ブログでシナリオがチラッと公開されてるの見たら、ドラマCDみたいなワイワイ楽しい場面もありそうで緋色の無印もそうでしたが、やっぱりファンディスクはシリアスばっかだった作品こそ甘さ補給というか迷わず萌え一直線というか、それこそが存在意義というかほのぼのしたいですね〜。思う存分!幸せになってくれ←他人事? 
思えば幻灯火様は森川さんの乙女ゲーキャラでは若様以来のぽややんキャラだったのでは(笑)俺様とか兄貴キャラとか敵サイドとか続いてましたもんね。相変わらず乙女ゲームってやつは( Д ) ゚ ゚な価格ですけども、買いますよ
6/8(土)のオトメイトパーティー(夜の部)に「白華の檻」も参加だそうです。森川さん、鈴木千尋さん、前野智昭さん、内田夕夜さんがご出演だそうです。ちぃぃっ行ってみたいゼ!←乙女のぼやき方じゃない その日はまもちゃんの誕生日じゃないの…バースディイベントも行けない悲しき北の囚われ人は乙女ゲーイベントなど夢のまた夢、くすすんいいもん、ゲーム指くわえて待ってるもーん

さ、存分に負け惜しんだところで気を取り直して!
本日18:30〜20:54 テレ朝「世界グッとストーリー」に、森川さんが声の出演で参加されているそうです。※ちょこさんブログでいつも情報ありがとうございます
この手のドキュメンタリーのオムニバス、最近多いんですね。
どこだ?誰だ?って探すのは楽しいんですけど、番組が長いと離れられないのが困りものですねでもお仕事としては楽しいものなんじゃないかな〜なんて。少なくとも長尺ほど苦しみは少なく(時間的な意味で)、ゲームや語りかけCDなどより孤独じゃなさそう 狭い防音空間って本当に無音で、その非日常のピーンとした緊張感や空気の濃さが短い時間なら心地良かったりしますが、長い時間缶詰で集中し続けるとやっぱりキツイだろうなと思います森川さん、きっと常にコミニュケーション取りたいタイプなんじゃないでしょうかと勝手に想像したり(笑)

最後によくブログで「美白な」ナレーションと書かれていたもの。
ファンの方の森川さん情報サーチ能力すごい



店頭ver.は上記のソフトタッチなナレーションとがらりと変わって、森川さんの声のファンキーさが前面に
もはや色んな引き出しっていうか、一口に「声のお仕事」と言っても実は細かく棲み分けされてるジャンルの垣根も越えて、枠を吹き飛ばす上昇気流さすがのブレイブです
コツコツと丁寧に、時にブレイブに仕事を積み上げて確かな力を持った人は、あとはタイミングというか条件が揃ってしまえばどこへでも飛べるんだな、とまたまたまたまた(もう数えられないほど)見せつけられる気がします。
私はこういう夢の具現化というか、流れ星の軌道でも見るような人の姿を見るたび感動してしまって本当に嬉しくなるんですちょうど「マギ」の主題歌になってたポルノグラフティさんの「瞬く星の下で」を聴いていて、その歌詞とシンクロしまくりアニメver.は最後の方少し歌詞が違って「冷たい胸に灯がともる」ってあるんですけど、本当にそう昔はどんなに足掻いても届かないほど遠い遠い場所で輝くひとを見ると苦しくなることもあったけれど、今はただただ力をもらう。自分もまた、このまま歩いて行こうと思える。何かを表現したり、魅せるひとというのはすごいです。たぶん好きなことしてるだけだって笑うだろうけど、すごい徳だと思います地上の星って歌もあるけれど、嫌なことがなくならなくて騒がしくても、それでも本当に世界は人で輝いているなぁと感じられる。暗い夜ほど見えてくるたくさんの瞬きに、ありがとう

拍手の置き土産いつもありがとうございます♪ 嬉しいです  

                           
  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

声だけで落ち着けそう



ちょこさんのブログで教えていただきました。こんな作品が発売されていたのですね〜。映画の方すら観たことないチキンハートが通りますよ
この手の生.物.兵.器とかえいりあん的なものとかグロめのものは、創作とわかっていても苦手なので全っっっく観ないのですが、この吹き替え超カッコいい〜〜〜ただそれだけで観たくなりました(笑)単細胞。
やっぱり吹き替えの森川さんの声とお芝居は他の追随を許さぬクールっぷり…!!静かなのに頼もしくて安心できて強い!
そうだ、私なにかテンパりそうな非常時用に、吹き替えもりもりの「大丈夫だ」「急げ!」「俺がついてる」みたいな台詞ばかり集めた音源を作っとこうかしら( ´艸`)そういう台詞いっぱい喋ってそうですもの!←結構マジ。
相方の声はひーちゃんだっていうのもツボですね檜山さんの叫ばない大人声、私すごく好きなんですけどもっとこういう役増えていったらいいなぁ

それから「ホビット 思いがけない冒険」もそろそろかなぁと思って密林さんを見たら、4/17発売なんですね♪
映画館では3Dで観て圧巻でしたが、おうちでじっくりもいいよね
平和主義できわめて人間(ホビットだけど)らしい感覚を持ったビルボが、全編通して超絶可愛いですおっさんなのにね…中の俳優さんも声優さんもね
どうだろ!っていうホビットの動きの可愛さは、森川さんのナチュラルかつブレイブな吹き替えで倍増してます。
映画では物語に夢中になってて気づけなかった平田さんもドワーフたち(誰かは後でわかりましたが)から探し出したいし、東地さんのトーリンも力強くて一途で応援したくなります。あとあと、チョーさんのゴラムの迫力が夢に出そうですから必聴!
これがシリーズで続いていくってのが嬉しくて楽しみで仕方ありません早くDVDでゆっくり堪能したいです。

日々のお付き合いと拍手をありがとうございます^^
                           

  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

お大事にv

先日の冷えが堪えて、すっかり風邪をひいてしまいました。こんな日は迷医の方々に往診を(*^∀゚)ъ
S.S.D.S.2010年魅惑の診察会DVDはシューマイ君がセンター
もうオープニングの自己紹介から、あぁ待ってました!この安定した雰囲気「言わせてよ。…静かにしろ!」賢雄さん、それteacherの方です可愛いと言われて「かわいいか〜?」と言う賢雄さんは可愛いです^^速水さんの緻密(な計画だったであろう)キャラ設定もたった一言で全て吹っ飛ばす個性全開な先生方が大好き
森川さん、珍しく(?)台詞(シューマイ君しか担当できないボケ)を忘れて隣のゆーみんな森田さんに教えられて誤魔化す
なんだろう、シューマイ君のときの森川さんは別にかぶりものでもなく(皆さん白衣だけれども)ステージ上のヘアメイクとかは素に近い方だと思うんですけど、なんで、なんであんなに森川さんの動きはいちいち可愛いのだろう…!!表情とかキャラ設定ゆえの声のカン高さとかそういった可愛さの類じゃなくて、もうあれは「種」だと思うんですよね。リスが頬袋いっぱいに食べてる姿とか、小人がえっほーえっほーと動くさまとか、そういう「種」としての可愛い(〃д〃)っていう風にしか観れません、あの舞台上の森川さんは(笑)もう十分にイケメン俳優やシリアスな吹き替えも聴き、そのナチュラルでクールなナイスガイっぷりに惚れ惚れし、ドスの効いた親分肌のキャラも観ているし、最近ではクセのあるおっさん役まで板についていらっしゃるのに、この可愛さ。どっかーんブレイブにも程があるな…!←これは言いたかっただけ 
慣れたつもりでも、やっぱり時々あまりの可愛さにビックリします

ラジオ体操もして(第2って子供の頃は馴染みづらかったけど今すると筋や節々が伸びて大変気持ちいいものですね)、休憩タイムらしい診察(笑)
その1「戦国時代の武将になるとしたら誰になりたいか」。
うーん森川さんそういうの特に好きでもなさそう、どうするのかなと思ったら、他の人の地元びいきに乗っかった。「地元ということで…ペリー?」まさかの黒船(爆)戦国じゃないしってツッコミ以前に武将でもないし。さすが国際キャラのシューマイ君、ナイスなボケでした(えっ)
ドラマの脚本はドクター特有、でもいつも以上にカオス(笑)
本当に皆さんの思い切りの良さと舞台を盛り上げてやる!って意気込みがビシバシと伝わってプロ意識の高さを見せつけられますね〜魔法学校の生徒に始まり動物、女子高生、炭鉱夫さん(?)とふり幅広すぎ

シューマイ君の歌は「Berlin City Cruise」と「Devil Smile&Angel Tears」。
オーディオコメンタリーでも言われていましたが、CDとは全く違う表現で生バンドのステージならばとそれに合わせて歌えちゃう森川さん場を活かす、活かすことができる力があるっていうのは本当にすごいことだと思います。タオルも振ってノリノリ♪ノリすぎて歌に戻るのを忘れそうに?なんかマイク掴んだスピードがマッハでちょっと面白かったパフォーマンスも歌も安定感ある貫録の1曲でした

オーディオコメンタリーは速水さんと賢雄さんレギュラーお二人で。
手に台本を持ってやる会話劇でも背後のドクターから「ちゃんとやれよ」ってすごいプレッシャーを感じてるんですね
結婚式の司会の話がリアルで興味津々。ほんと余興を面白くって難しいものだと思うけど、速水さんの言った「新郎新婦がいかにキラキラしてるかだからね」に尽きるかなと。奇をてらうより貴方のためにこれだけ練習しましたと伝わる心のこもったものならいい、ってお二人の意見に大賛成^^素敵な大人大好き
賢雄さん、座禅組んだ途端に叩かれるって何事(笑)
表情と姿勢は心を映す。うんうんと聞いていたら「前髪も大事」(笑)森川さんの前髪が毎回気になる賢雄さん。もはや会話が様式美。でも森川さんに対する速水さんの絶大な信頼が観て聴いてとれる発言がそこかしこにあってファンは誉キャラの使いやすさだけじゃない長台詞やキーになってることが多いもんね。でも仕切りは事務長の千葉さんがいないと森川君も自由だからって、さすがドクター全部わかって振ってらっしゃる。千葉さん一人で大変以前どこかで速水さんが森川君を観ているとまだ(SSDSに)無限の可能性があるんだなって勇気が出るというようなことをおっしゃっていて、若手に限らず少し年下なだけの旬の声優さんからも慕われているのをみても、きっと玄人受けする実力と、技巧以上の大事な「何か」を持っている人なんだなと感じます。私もアイドルのように好きな声優さんが今ではたくさん居ますが、森川さんを好きな理由は目に見えない場所に森川さんが持っているその「何か」のせいだと思いますケーキの帽子が似合っちゃう姿も好きですが、まぁもうその「何か」に捕まってしまうと何でもいいわけで(笑)
最後の打ち上げの時の森川さんの手元が何だかセクシーいや普通に喋ってるだけなんですけど、なんだかパッと目を奪われちゃって左効きだと身振り手振りもやっぱり利き手が多くなるのかな?乾杯は右でしてましたね。こんな風に裏側がちょっとだけ見られると嬉しいファン心。速水ドクター、どんどん素敵なアイデアで可能性を広げて我々をずっと癒してください

ここで、最近たまにしかレビューや情報を書けない(しかも遅い・長い)私のモリ道に救いの灯を掲げてくださっている素晴らしいブログをご紹介させていただきます。ブログに来ていただいて以来お世話になっているモリ友さま、
ちょこさんのブログ「雨雲の向こうは... 
カレンダーで出演情報をマメに更新してらっしゃるのも素晴らしいですし、ライブのレポ、歌はもちろん洋画の吹き替えからアニメ、ドラマCD、ゲーム(ご自身は興味ないそうなのに偉い!)私はてんで明るくないBでLな方面もレアな組み合わせものまでご存知ということで、本当にその熱く潔いファン魂が綴るブログには日々楽しみと笑い(その迷いのない率直さに)をいただいてます私のブログに来てくれる人はやっぱり森川さんのお友達が多いので共有させてもらいたくてリンクを左に貼らせていただきました。あっでもどうぞここにもまた寄ってくださいましね〜

はてさて、私の風邪はとにかく温めて栄養と睡眠です。
小さなひとたちと共に早く眠り、眠れる時は昼でも眠り、頭も目も神経を一切使わない、を徹底すると大抵2日もすると快方へ向かいます回復してくると昼寝した日の夜は自然「眠れないアル」になります熱は必要がある分出ているので積極的に下げたりしてそれまでの身体の努力を無駄にはしません。もちろん飲むものもあったかいお茶やご飯もあたたかいものを。食べたいと欲するもので良いと思います。こんな風に揺れながら身体も冬から春へ衣替えするように慣れていくんでしょう。季節の代わり目、皆さまもご自愛くださいね。

ご訪問、置いて行ってくださる拍手に心躍ります
                          

  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

実にブレイブだ!(パチン☆)

「獣電戦隊キョウリュウジャー」始まりましたね〜!
派手なポージングと子供が大好きな恐竜コラボというわかりやすさに、おお〜♪とオープニングからわくわくして観始めましたが、始まってまもなく森川さん演じる賢神トリン登場
めっさイイ声でした!!!(゚ロ゚〃)つ
戦隊を導く賢い神様(それともフェアリー的な?)なんでしょうけど鶏顔(笑)
敵の動きをヒゲでキャッチ。あんなに男前ボイスなのに可愛いなオイ森川さんが演じるだけでお茶目さも期待してしまう罪
今回はナレーションに千葉繁さん、敵の指令っぽいキャラが菅生さん(次郎長おやびん)、ピエロみたいな敵にアクセルファミリーの折笠さんと賑やかですね。
素顔の戦士さんたち(変身前)は初回では他人ということもあってまだよくわかりませんが、レッドはあれなのイン〇ィラ〇ミ的な感じなの変身するとき踊りだして母さんびっくりしたー(笑)で、ブラックがキザ男で、ブルーが作業着のゆるオッサンで、グリーンがクールな学生?で、ピンクはキッパリ系のお嬢様って認識で合ってますか?
初回は圧倒的に変身後が派手で楽しかったんですけど、グリーンさんとピンクさんのポージングに一目惚れ(〃д〃)迅速に動き、ピタッと溜めて、しっかり魅せる素敵!戦いには明らかに無駄なタメなんだけど(笑)これぞ戦隊気分が盛り上がります
いやいや、グリーンがあまりにインパクトあるポーズだったんでちょっと真似してみたんですけど(笑)運動不足からはキッツイ!これ攣る!攣る!!だいたい歌舞伎にしても日舞にしても、パッと見て美しい仕草ほどやってる本人には無理がある体勢ですものねでも見惚れる決めポーズ、いいっすねO(≧▽≦)O見る楽しみが倍増しますピンクの男勝りに激しく大きな動きと決めの美しさも痺れた
あと、ガブティラが電池で動くのが可愛い走る姿が嬉しそうに見えて、尻尾振って近づいてくるでっかすぎる犬みたい
電池食べるとこ、つい世代的に「今週の〜○ックリドッ〇リメカ〜♪」が聴こえてきそうでした(笑)

しかし敵のアジトが映るたびに、背景のアレがパンデモニウムさんに見えてつらぁ(≧m≦)



上の写真はわかりやすいように効果を入れています(※注)
トリンは毎回出てきてくれそうかしらあの「ブレイブ」連呼とパチン☆は流行って欲しいのかな…「最近よい子が私の真似をするのだ、実にブレイブなことだな!」とか言ってたまにはボケてほしい
それにしてもキャラ(というか俳優さんが)若いよね「プライベートは大事だ」とか楽しくジェネレーションギャップを味わいながら、これからどんな風にキャラ立ちしてくるのか楽しみでーす♪今のところ私はグリーンさん押しになりそうかな…ちょっと変身前と後の変化が激しすぎる気もしないでもないけど、それも美味しいかもなとかなんとかブツブツ言いつつ物語を追って行きたいです^^

 

トモコレを久々に開くと社長コンビが



ずーっと忙しそうに足を踏み鳴らして電話してるM社長をボーっと眺めるK社長でしたとさ

ご訪問、そして拍手をありがとうございました♪
                          
  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

気持ちのおとしどころ

東京での日々を少しずつ記していこうか…と思いつつ、今夜も挫折
写真をチェックしてリサイズしてアップして〜の作業が面倒になったりします最初からブログに載せようかなって撮ってくる写真と、まず楽しみが目の前にあっての思い出写真というのは、また全く違うものなのかもしれません。去年ディナーショーに絡めて東京に1週間行った時の記録も、結局ショーのレポしか書いていないようなそれも、ショーの真っ最中は撮影禁止なおかげで(笑 そうでなくてもそんな余裕はないと思うけど)頭真っ白で空っぽにして楽しんでいたから。夢中になる、目の前のものにだけ心を注ぐ、集中するってことは、とっても濃密な時間を過ごす貴重な機会なんだと思います。

そんなわけで、また趣味の感想文です
ようやく観られました「声宣!vol.3」、森川社長のキャンプ
最初に「わー…やらせっぽいなぁ」と思ってすみません(笑)だって「ここ何年も休んでません」が口癖の、あの忙しい森川さんを掴まえて今からキャンプですって、ええぇーな展開から始まるDVD。このシリーズ、「常に緊張を強いられる仕事をしている声優が、その張りつめた日常から解き放たれたとき、どんな表情を見せるのか」がコンセプトだとか。始めはノリといい何か全てがノープラン(というか出演者のプロ意識頼みなの?)に見えて、森川さん、かえって疲れるんじゃ…とハラハラしながら観始めました
でも事前企画打ち合わせの時の普段着の森川さんから、突然キャンプ仕様された姿のギャップが面白すぎて、もう立ってる絵だけで笑ってしまって負けました黒の革ジャン、シャツ、サングラスから→やたら可愛い感じのポップで流行のアウトドアスタイル…いかにもにわかで!きょとん、と立ってる森川さんが完全に借りてきた衣装すぎて、なんだろうこの可愛いおじさんは状態。
キャンプに行ってみたいと言いながらテント張れないとか、素で童心の発想だったんだなぁとしょっぱなから憎めなさ全開ですそんな社長に容赦ない企画は取説もなしに日も暮れた河原でテント丸投げするスタッフ達人のヒントで無事寝床は確保するも、今度は料理。はなから「お腹こわすよ」って宣言(笑)家に炊飯ジャーもないってマジですか森川さん以前ラジオで味噌汁作りに凝ってるって言ってたのは…ご飯なしでの話なんですか…不安だ…と思っていたら、無事なうえ上手に飯盒でご飯が炊けてた私も初めて飯盒でご飯、びっくりするくらい普通に炊けたものでしたが、森川さんは完全に目分量だったよねあと、炭じゃなくて薪なんですね〜。カレーを煮るとき火がキャンプファイヤーかって勢いで盛んに燃えていて、袖口が燃えやしないかと外で食べるご飯は美味しいですよね。人を呼びたいって言ったのがいかにも森川さんらしいなと思いました。寂しがりなひとは、ちゃんと孤独を知ってる人だと私は思います。
そして人は何故火を前に語らうのか自然の前には、なーんにも持ってない裸の心で居ることしかできないからでしょうか。
森川さんの仕事に対する言葉ひとつひとつ、表情ひとつ、いつも目が離せない。聞き逃したくなくて吸いこまれる。聞いたからってそんな風に私は出来ないしなれないんだけど、感染るんですね、その情熱が。
ところで、スタッフさんが何かに付けて「ストレス」って言葉にこだわってた。ストレスから解放された声優の絵が撮りたいってテーマだから気持ちはわかるんだけど、森川さんの話を通り一遍でなく聞いていると、一般的に解釈したいストレスの意味合いが森川さんの使った意味とは種類が違うと思うんだけどなぁ。そこまで深く話さなくていいからオチとして、なのはわかるんだけど。そしてちゃんと晴れ晴れした顔で相手の欲しい言葉を上手にまとめるやり手の社長翌朝のニジマスの塩焼きは超美味しそうでしたキャンプに私が行きたくなっちゃいました今日は久々の仕事が終わってから見ていたので、夜に語ってる森川さんを真剣に観た後、楽しそうに遊んでるあたりからウトウト…(笑)気づいたら終わってて、観直しました夜、都心に戻りやっぱり会社に帰っていく森川さん。ワーカホリックとか、自分で時間が空かないようにしちゃうとか、あぁやっぱり自覚の上で尚それを選び取ってるんだなと。ファンになりたての頃は、そりゃあもう驚愕(今でも驚かされますが)&心配で、どうしてそこまで自分を追いたてるの?と感じたものですが、そのどうしてを越えた先に森川さんって存在の他の誰とも違う色や魅力、大きさ、凄味があると今は思っています。そこにはご自身で口にされたネガティブな要素すら含まれていても。
完全に蛇足ですが、私ここしばらくは昨年から悩まされている耳鳴りやめまいもなかったんですよねー。で昨日今日仕事行ったら、見事耳は再発たしかに極度に緊張する仕事内容ではあります。これをいうと大概「合わないんだよ…それ」って言われちゃうんですけど、まぁそれも鑑みて今後について考えていることもあるんですけど、ストレスフリーって生きてる以上ありえないですからね〜。自分が「やる」と選んでそうしていることだったら尚更です。気の持ちようでもあるし、あと森川さんが言うような自分では感じてないけど身体にはストレスってこともあったりするようだし、そこはもう自分が実験(体験)して見極めて上手に付き合っていくしかないっていうか。なんかちょうど、すごくそうですよねーって思える内容のお話でためになりました、さすがは心のお師匠さんです(笑)

あとね、DVDの後に読んでたハガレンでも荒川せんせが書いていました。痛みを伴わない教訓には意義がない、人は何かの犠牲なしに何も得る事できないって。鋼の心には程遠いけれど、黙々と鍛えることはたぶん何ひとつ無駄にはならないなってことだけは知ってます。人から見れば無茶だったり滑稽だったりすることも、その人は真剣に自分と向き合ってる最中。そう思えば、人のことを見上げたり見下したりなんてつまらないことだとわかる。言葉で、頭で知った情報と、自分の心でちゃんと掴まえてものにした生きた経験は全くの別物だから。誰かの言葉や、前にどこかで聞いて「知ってるつもりになっている自分」が一番の敵です。そしてどんなに自分が得たものも、誰かのそれとは重なるものじゃないってこと。勝手に「その時はそうでもみんなこうなるよ」と話をまとめるのは傲慢の極みだと、自戒をこめて思うわけで。みんなこうだと言うから、立派な人や多くの人に支持される人が言うことだから、そんな頼りない物差しはいらない。借りものではない感情を私は覚えていきたいとあらためて思う今日この頃です。自分の色を幾重にも深みを増して勝負する森川さんを見てると励まされるなぁ!

日々の拍手ありがとうございます♪          

  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

森川さんのお誕生日



森川さん、46歳のお誕生日おめでとうございます

森川さんに出逢って、気づけば丸4年が経っていました。
活躍を追いかけているだけのファンでさえ、あっというまと感じるほどの仕事量、そしてそのどれもがいつも新しくて、言葉にならない何か熱いものが心に残ります。それほどのものを届け続けてくれる森川さんご自身にとって、それはそれは月日の流れは激しく速いのだろうと思います。
森川さんがいきいきと仕事に向き合っている姿、それをみられることが何よりの喜びです。
どうぞこれからも、森川さんにたくさんのわくわくする出会いがありますように ずっと、ずーっと応援しています

森川さんにはやっぱり薔薇のイメージがあって、自分で花を買うときはほとんど薔薇を選ばない私でも年に一度、何だか華やかな気分も貰っています
あ、後ろのチョコレートクグロフはお祝い代わりに私が食べました
今日のブログで思えば遠くへきたもんだ、っておっしゃってましたけど、私も森川さん一人に出逢ったことでこんなに世界が広がって変わるとは思いませんでしたよね〜!あらためて(笑)
こないだは東京で、このブログから出逢えたモリ友さんたちとお会いして映画を観たり、水族館へ行ったり、カフェでお茶したり、カラオケでデュエット出来たりして本当に楽しかったんです出身地や年齢や暮らしがそれぞれ違っても、こんな風につながれることが嬉しいむしろ刺激的でとっても楽しいんです。その度に森川さんに感謝ですし、以前は考えもしなかったドアを次々と開ける情熱をくれたおかげだと思っています。
何度も書いたような気がしますが、私にとって森川さんは、こんな風に生きられたらいったいどんな空が見えるのだろうと思い巡らせてしまうような、厚い雲の下から見上げて心に描く青空のような存在です。それは希望、勇気でもあり、草木や花のようにその姿をもって自然に生き方を教えてくれる師匠でもあります。それは具体的なことではないのです。なぞって生きるようなことではなくて、身体や思考の先のもっと奥にある魂を揺さぶる「何か」です。
森川さんの軌跡を追ううちに魅力的な作品や他の声優さんたちにも出逢えて、楽しいことや好きなものがどんどん増え(すぎ)ましたが
、他の誰とも違う存在とはっきり言える森川さんの大きさ。
アニメなどで特殊なキャラクターを演じていても、映画でどんな非現実を演じていても、歌を聴いても、ナレーションでも、写真のまなざしだったり、ふとした言葉にも、一貫して届く強く熱く明るい光がある。それに触れるたび、小さくまとまろうとする心に火が灯るんです。森川さんに出逢えたことは、私の人生の財産になりました
いつもありがとうございます!と言うしか能がないのですが、無理なく長く付き合ってと言ってくれる森川さんだからこそ、この先もわくわくしながら道が続くと思えます。これからも素晴らしい日々があなたを待っていますように

今日のお越しと昨日の拍手、ありがとうございました
                          
  • 森川さん
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

良い声の波状攻撃

 

銀友(銀魂をこよなく愛する心の友)さんからクリスマスプレゼントをいただきましたエリザベス先輩、学ランも似合う〜なんてツボをついた贈り物…恋人じゃなくて銀友はサ〜ンタクロ〜スって歌っちゃう(笑)一緒にいただいたお菓子も季節感あふれる見て楽しいもの。そんなお心遣いに感謝です。

さて!今日一番のビッグニュースはアニメ銀魂’の新作情報O(≧▽≦)O
金魂で放送再開してから、その後はよりぬき(再放送)できましたが、ついに年明けから新作の長編ですッ!
「一国傾城篇」キターーーーッ━(゚∀゚)━!!!!!
吉原から将軍、真選組、見廻組を巻き込み、さらには天導衆、銀さんの過去の因縁まで繋がっていた壮大で骨太なシリアス長編です。いえ、その銀魂なんで、ちょいちょい…だいぶ?お下品なネタも笑いも交えてなんですけども(笑)でも過去にないほど物語の根幹に関わる重要な長編シリーズのスタートです
そして、そうッ!見廻組が出てくるということは…あのエリート中のエリート、サブちゃんが再登場ですお☆森川さんのネットスラング(で合ってる?)が聞ける貴重なキャラでもあり、底知れない不気味さを醸し出す低音ボイスでの怪演が光る絶対観て損はないキャラクター。しかも今回は前回より出番も見せ場も多いです脇役ですから出ない回もそりゃありますけど、でも、良いですよ〜このシリーズのサブちゃん(〃д〃)今日も予告編で一言喋ってました、不意打ち!ぎゃーー銀魂’新年の放送日は1/10(木)18:00〜です。メール魔サブちゃんは寂しいと死んじゃううさぎらしいので観てあげてお
今回も銀さんとの掛け合いが楽しみです

さて、配役の妙で絶賛気になっているドラマCD。
モモグレ10周年メモリアルアルバム「源氏物語〜追憶〜」3/21発売

キャスト:光源氏:森川智之
     藤壺の宮:岸尾だいすけ     
     夕顔:武内健
     葵の上:鳥海浩輔
     六条御息所:中井和哉     
     紫の上:立花慎之介
     朧月夜:柿原徹也
     頭の中将:宮内敦士

いや、ちょっと…!光源氏な森川さんは当然として(え?)、六条御息所が中井和哉さんど う い う こ と な の( Д ) ゚ ゚と、何度見もしてしまいました。聴きたい光る君な森川さんをじわじわ絡めとる中井さんいや六条御息所(笑)!すごい!中井さん、こういう感じ珍しくないですか?むっはー!そして葵の上は鳥海さんか…葵の上といえばツンとくるんだろうなと期待してしまうわけで、これまたドラマCDってなかなか買えない私なんですが、森川さんとこのお二方の掛け合いだけでも聴きたくなっちゃいました。

おまえら読本も届いて、いつも写真だけパラパラっと見ると「一体なんの呼び込みチラシ(みたい)…」って思うんですけど(笑)、やっぱり文章だけでも何かどう喋ってるのか雰囲気が垣間見えて和んでしまいますSSDSとかも観るたび(私はDVDでですが)、イベントタイトルとかDVDのパッケージとかビジュアルでは伝わり切らない、あの妙なる話術の調べ(≧m≦)声優さんですよね…?っていう不思議な空間。生で観たらもっと衝撃は大きく、笑いは何倍も膨らむのでしょうね今年もたくさんの萌えと笑いをありがとうございました

拍手からメッセージいただいた方は続きに書かせていただきますね
                          
  • 森川さん
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

一人サラウンド&高音質



先日歩いた風景より。
除雪された雪の山が、すでに私の背丈(165cm)を越えています。
1月ならしょうがない。ここはそういう街だ。でもまだ12月 
12月でこんなに降ったのは記録的なことだそうです。だろうね…。
せっせとかいてつけた歩くための道が、朝またすっぽり埋まっているときの無力感たるや…(>Д< ;)もはや雪のない街へ一時的にでも避寒できることだけを心の拠り所(大袈裟?)にして、ドッセーーーイッ!!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻ と雪投げしております。吹雪だし、15時なのに暗くて、なんかもう眠いよパトラッシュ…

昨日のアニメ「キングダム」に森川さん演じる趙の武将・李牧が登場
ラストの50秒に出てきただけなのに、持ってく持ってく
「さー皆さん!李牧が到着しましたよ〜」の一言で、もうこのキャラが絶対只者じゃないんだってわかる奥行き。気になってググってみたら、作者の過去の読み切り作品の主人公だったキャラですって
なんでしょう、森川さんの台詞っていつもとてもナチュラルさらっと言ってるようで変な力みを全く感じないのに台詞が立っているとでもいうのか、際立って耳に確かに届くんですよね同じスピーカーから聞こえてくるはずなのに、一人だけサラウンド効果ついてる感じの高音質な響き(笑)柔らかいのに強いって、そうそう出来ることじゃありませんよね。最近は特にアニメで脇役だけど存在感のあるキャラ、影の実力者、謎の人物みたいな役が多いですけど、そのどれもが絶妙にニュアンスが違う。一本調子じゃなく次々と新しい役を演じる「自分ならではの生きた声」を生み出す力に脱帽
これだけ膨大な役をこなしていて尚まだ奥に何かあるって感じさせる森川さんの引き出しの多さよ。四次元ポケットって思わせるくらいで、そのたゆまない努力には頭が下がるばかりですだから追いかけてしまうんですね。

とっくに届いていた「ミッドナイト・イン・パリ」もようやく観ました。
いつもお茶目で可愛い森川オーウェン。今回思ったんですけど、森川さんが吹き替えているから、オーウェンのイメージがよりアメリカ〜ンな感じというか(貧困な物言いで申し訳ない)あの軽妙さなんだなって感じましたです。オーウェン本人がそもそもキュートなんですけど、そこに森川さんの持つ茶目っ気や子供のような負けん気(笑)そして声の明るさが加わって、字幕で観たときよりもギルが快活に見えた気がします。オーウェンの声って少しもやっと内こもる感じですもんね。それもまたあったかい雰囲気で好きですが、森川さんが演じると否応なくイケメン度が上がる気がしますね
それにしてもこの映画、女優さんたちがみんな魅力的〜
フィアンセの女優さんも可愛いし、アドリアナは絵にしたいような雰囲気ある美人さんだし、古雑貨屋さんの女の子はいかにもフランス人って感じでキュートまさかこの人がMIGPの時のアサシンとは…でもインパクトある顔だから忘れないですね(笑)
パリの街の美しい映像は、まるで移動遊園地のような夢がある
魔法にかけられて恋するように時代を越えたパリを散歩できます。
この映画の音楽も、台詞のセンスも、ラストも大好きだな〜
事件が起きて、こうなって、どうした、みたいな展開の刺激ではなく、物語の流れに身を任せているうちに心に小さな波紋が広がるような作品が好きなんだろうな、私は。魔法のように夢を見せて、最後は魔法じゃないこの世界も悪くないって思わせてくれる、小さな愛に満ちた映画が好きです
                          
  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

土方な森川さんとな!!



冬の好きな光景のひとつ。
葉をすべて落した後も残るナナカマドの真っ赤な実。そこに綿雪。
ナナカマドの実は強い渋みがあって食用には向かないようですが、雪に覆われ何も食べるものがなくなる冬場は野鳥にとっていざという時の非常食なのかも?北欧へ行った時はディナーにこのナナカマドの実で作ったというソースがかかった肉が出てきたので、ヨーロッパのナナカマドは品種が違って実が甘いのかもしれません。

上京までいよいよカウントダウンに入り、体調不良で準備や下調べが滞った分ちょっと追い込まれてきました。
まずは小さいひとと楽しむプランをメインに考え、まぁ行ける範囲でのんびりと…とか言いつつ、ほぼ土日や年末年始の予定はギッチリ
しかーし!隙あらば何か大人の(つまりは私の)楽しみも入れようと狙っている抜け目のない母それがホント、我ながらマニアックで…誰かと思い出を共有したいけどとても誘えない感じで笑っちゃいます好きな漫画やアニメのワンシーンに出てきた場所で同じ風景を見てみたいとか、行きたいお店も地味〜なとこなんですよね(笑)
でも好きなんです。その場所にしかない空気感や匂いがたしかにあって、あぁあの世界はこうやって作者が見つめて、こんな風に感じて描かれたのかなって想像することが。届かない別の世界にほんの少しだけ触れられるような気がするんですよね。「東のエデン」の聖地・豊洲とか、「3月のライオン」の舞台・月島とか、銀魂やガンダムの聖地(笑)上井草とかねそもそも東京って街を歩くだけで「あぁ、もしかしたらアクセルカーが走ってるかも!」とか「この駅を好きな方々が通ったかも…」とか妄想だけで充実しちゃう精神的にとても安上がりな私です

そんな中、モリ友さんから素敵情報をいただきました
日野市にある土方歳三さんの記念館で放映されているDVDにて、森川さんが土方さんを演じているとか…!!きゃー
函館出身の私にすれば、真選組…違った新選組にちなんだ数々の漫画やゲーム作品はあれど、そういう萌えとは関係なくとも土方さんという人は一番身近に感じて育った魂の武士。そのわり歴女じゃない私は一般的な情報程度しか知らないのですけどねそっか〜日野市といえば土方さんの故郷だったか!と言われて初めて思い出しました。
調べてみたところ、日野宿本陣というところと新選組のふるさと歴史館というところの2か所(どちらも同じ映像)で、森川さんが土方歳三を演じてナレーションしているDVDが見られるのだそうです。滞在する街から行きやすいと思われるので、これは…ッ行かねば!行かれた方のブログを拝見したら、日野宿本陣の方が静かに観られそうだということでした。
他にも土方さんの生家の一角(!)で開かれている土方歳三資料館(ここは子孫の方が直に説明してくれたりするそうです)も魅力的ですが、開館日が第1・3日曜と限られているので難しそう
それにしても森川さんの守備範囲の広さよ(≧m≦)
今回夢の国の海には行けなそうですが、結構探せば森川さん薫る場所で楽しめそうな気がしてきました

                          
  • 森川さん
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

いつ叶うかもしれぬのが夢



誰にも少し夢を見せてくれるようなクリスマスの装飾が好き。
誰かを想って願いをかけるのも、望みが叶うように祈るも自由。

さて、森川さんの情報が立て続けに飛び込む数日でした。
まずは大作O(≧▽≦)O



12月14日(金)公開の「ホビット 思いがけない冒険にて、主役ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)の吹き替えに決定〜!!きゃ〜、だいっすきなファンタジー作品だったので驚きとともに歓喜いやぁ、先日009を観に行った時、3Dで予告編(字幕)を観たのですが映像を見るだけで指輪物語の中つ国に引き込まれる素晴らしい映像でしたよで、ビルボの人どっかで観た気がするなぁと漠然と思ってただけなんですけど、SHERLOCKのワトソンだったと言われてやっと気が付いた外国の方の顔に疎い私ホビットになったら衣装の効果もあってか、ころんとしてておっちゃんのはずなのに可愛い
こちらは、あの「ロード・オブ・サ・リング」3部作の60年前にあたる最初の冒険の物語。エピソード1的な映画ですね、あら森川さんそういうの別の作品でも(笑)出てくる俳優さんたちがことごとくおじいちゃん、おじさま方なんですけども、もれなくカッコ良くて痺れる!!前作はもう10年以上も前になるんですか…わぁ。
吹き替えキャストさんは、吹き替え専門サイト「吹きカエル大作戦」さんをご参照ください。そうそうたる顔ぶれ…!楽しみですっ

次はアニメの情報。NHKのBSプレミアムで放送中の「キングダム」に森川さんが敵(趙)の武将役で出演されるそうです。
この作品、森田さんとじゅんじゅんが主役なんですけど、声に関係なく作品として面白いのでずっと見てるんですよね^^普段こういう戦いものは全然興味なしな私でも飽きずに観てしまう内容、出てくるキャラの濃さ、声優さんたちのどっしりした演技が楽しいです。さぁてどんな役で出て来てくれるんでしょうね今週その趙が秦に攻めてきたってところまで話は進んでいるので近々出てくるのかな?

続いて、今年10周年で盛り上がっているときメモGS。
来年3月9、10日に舞浜アンフィシアターで催される「ときめきメモリアルGirl's Side 2DAYS 2013 デートに行こう!」に、森川さんがゲスト出演だそうです…!うわ〜若王子先生としてイベントに出てくれる森川さんに会ってみたいと思ってはいたけど、まさか今そういう企画が実現するとは森川さんは出ていなかったけど、文化祭も盛り上がったらしいですよね〜。なんてったって、この作品がそもそもの始まりなんです。今の私が出来上がったのも、ここまで突っ走らせたのも(笑)ううう、行きたいなぁ。けど、座談会って何なんでしょう…?前回のDVDも観られていないのでデートっていうのもいまいちピンとこなくて想像ができないんだけどずーっと生で聴いてみたいと思っていた若王子先生のキャラソン「Polaris〜この空にひとつだけ」は歌うのでしょうか!?でも歌ってどこにも書いてないですよね…。会場はシルク・ド・ソレイユが使っていた豪華なところだけあってか、チケット代もネオロマ並み?
来年、もう一度東京へ行けるんじゃないかとは思うんですけど(まだ年末も来てないのに)どこでその萌えマイル(笑)を使うかが問題です。イベントがばらけすぎてて(かつ年末年始はなさ過ぎて)つらぁ…
いやいや、でもね。夢は、いつ叶うとも知れないからこその夢でもあるわけで。あと数年は動きが取れないはずだったのに、今年はディナーショーへ行ってあの森川さんと乾杯まで出来て、このチャンスを逃すまじと歌舞伎にお芝居に観光に買い物にと楽しめたのだから。思いもよらないときに、かちっとピースがはまって大きな夢が叶ったりもする。慌てない慌てない…と煩悩多きわたくしは一休さんの呪文を唱えてよく考えたいと思います
                          
  • 森川さん
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)


fxwill.com

書いた記事数:1220

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM