スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

若王子先生

090426_1517~0001.jpg
子供たちが昼寝の間、ひと月ぶりにDSを手に取りました。
何年か前に、当時バブリーだったゲーマーな弟が、誕生日プレゼントにくれたDS。

ゲームには全く興味を持てないできたのに、育児に追われてガサガサした日々に何かこう、
マンガ以外で、ユル〜い楽しみがないものか…と友人と話していて見つけたのが、コレ。
乙女ゲーという新たな世界を知りました。
そして、そこに思いがけない運命の出逢いがあろうとは!!

そうなのです。
私が森川智之さんという声優さんと出逢ったのは、
アニメでもドラマCDでもなく、DS版の「ときメモGS2nd」だったんですね〜。

最初は、ゲーム慣れしていない私が攻略するには難しく、攻略本を参考書並みに睨みながら必死にプレイ。
しかし、このフルボイスっていうのはまるで、“自分ヒロインのアニメ”のようで、すごい時代になったもんだ!!と衝撃を受けました。

最近の声優さんはよく知らなかったので、ただゲームのキャラとして選ぶなら、攻略優先順位は主役の佐伯くんでした。

それなのに。
気がつけば私は、若王子先生の虜でした。
この若王子先生こそが、森川さんとの出逢いでした。
ふわふわと掴みどころがないようで、確実にハートを鷲掴みにしてくる、あの、魔的な囁き(笑)!
もちろん、キャラクター自体も設定とか本当によく考えられてるんだけど、間違いなく、声の力ですね!

私はすっかり夢中になり、若さまの声を聴きたさに隙を見てはDSのスイッチを入れ、新たな台詞聴きたさに時間を忘れて朝を迎えたこともありました(オイオイ)。
しかも、KONAMIさんの、あの女心を掴んだ心憎い凝り具合ったら!
一度攻略したキャラの声での起動ボイス。
全時間帯聴きたくて、特に私は真夜中のが大好きで、つい夜更かししてしまったものです。
もう毎日、若さまに会いに行っていました。
何を隠そう、長年紅茶党の私が急にコーヒーを飲みだしたのも、このゲームの影響です(笑)。
ああ!恐るべし、ときメモ!若さま!!



続きを読む >>
  • たまにはゲーム
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

雪です…

090426_1738~0001.jpg
♪雨は夜更けすぎに…♪ならぬ、夕方には、みぞれ雪に。

寒いと思った。
夏タイヤで走れないほどには降らないでしょうが、芽を出した花たちが可哀想です。

私は早めのお風呂であったまれるけれどね…。
  • 四季 花折々
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

雨の庭にて

090426_1119~0001.jpg
プランターのミニチューリップが、ようやく開きそう。

本日は雨。
連休も近いというのに暗く肌寒い日曜日。
暖房はいつまでも切れません。

けれど、春の雨は草木の緑を濃くし、命を育む慈愛を感じて、ぬくもりの表情。

090426_1122~0001.jpg
玄関先のれんぎょうも雨に濡れています。
北の庭に春の到来を告げる飾らない黄色い花は、祖母が居た庭の懐かしい日を思い出します。



  • 四季 花折々
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

金曜日は、もりもりデー♪

 BLACK VELVETの皆さんは、今日は名古屋でインストアイベントだそうで…。
手羽先片手に、美味しいビールを飲まれていることでしょう♪
ブログの更新がマメで、ファンへの心遣いに溢れていますね〜。
優しいバンドで、ファンは幸せです。

昨日24日は、まだ届きたての2ndを聴き、PVを繰り返し観て。
夜は、BS-hiで再放送中の「今日からマ王」と「彩雲国物語」を観つつ録画し、
更に、森川さんが吹き替えの「マスク2」を観て…と、

ま・さ・に、もりもりデー♪
この頃、金曜ロードショーへの登場率がやたら高いですね。
新聞で、もりもりさんの名前を発見するたび、嬉しくってテンションが上がります。
その効果は1日中続き、放送時間までドキドキしっぱなし。
親戚か!?と言うほどの喜び具合で、実家の母へ宣伝したりもします(笑)。
母は先日、私が録画した「トップガン」を観たもよう。
「トム・クルーズの声、合ってるわ。イメージにぴったり!」と、トムファンも納得。
でっしょ、でしょー♪と妙に誇らしく嬉しい。親戚気分ですね、やっぱり(笑)。

ゆうべの「マスク2」は、映画としては私の好みではなかったのですが、
もりもりの声と演技の幅を楽しむには、うってつけだったかもしれませんね!
前半、ロキがあまり出てこなくていりいりしておりましたが、時たま入る台詞で大うけ。
赤ちゃんを探している時、「か〜わいい赤ちゃんでしゅね〜」とおだててから、ボソッと、
「そーでもねーな」 とクールに言い放つのが、最高でした。
超なげやりな台詞って、あまり聞けないような(笑)。
アニメや映画の2枚目は、いつも気取った…もとい、穏やかに気配りある話し方ですし。

打って変わって、最後の方で父親と仲直りを勧められるシーンでの、
「ともだちが欲しかっただけなんだよぉーーーっ!!」の台詞の愛らしさに、激萌え

コンラッドとか立人とかトム・クルーズとかの超二枚目役、もしくは兄貴な役柄の印象が強いもりもりの、この吹っ切れた演技。
おちゃらけた台詞も、可愛いさも、はたまた片倉小十郎みたいな重低音まで(←玄田さんにも負けず劣らずな野太さで、キャストを先に見ていなければわからなかったかも)。

よく、七色の声、なんていうけれど、もりもりは十色くらいあるんじゃないかなぁ。
そして、それが決して無理して作った感じじゃなくて、どの声を聴いても安定感がある。
だから、わかる。
絶対的な演技力がベースにあるからでしょうね。あと、声量と。
声量がない人が囁くと、台詞が一部聴き取れなくなったりするけれど、もりもりは囁いても台詞がちゃんと聴こえる。

例えば、前回の「花咲ける青少年」の立人が、花鹿に言ったひと言。
「…もういい」。
この、たった一言に、二人の間だけの歴史が見えた。
安心して、ため息に乗せて吐き出すような、許しの台詞。
はっきりと耳元で囁かれたような絶妙な甘さを持って、腰が砕けた
ソファからずり落ちました…。

このような破壊力さえ持つ、もりもり様の圧倒的な才能。
映画なんて2時間浸りっぱなしですからね、たいてい興奮して眠れなくなり、最近映画の後は友人にいかに、もりもりが素敵だったか!!と電話で語り、いつも寝不足です。

この底なしの魅力の前に、私は抗う術を知りません。



  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

Give me the passion !!

 はじめてのおつかいならぬ、はじめてのブログです。
 どきどき。
  
 初めて書くのなら、どうしても、4/22から始めたかった。

 それは…、
 


BLACK VELVET 2ndmaxisingle「Drive me crazy」 発売日☆

 
http://www.black-velvet.info/top.html

 ストレートな愛のパーンチ☆に、ハッと目が覚めた。
 何だか、百年くらい眠っていたような気がする。
 どうして忘れてたのかな。 忘れようとしたのかな。

 Toshiyukiさんの詞、

 “ ほんとうは そんなんじゃないだろ? ” 

 ガツンと胸に刺さり、目が、心が離せなくなった瞬間でした。

 もっともっと、熱がほしい。
 森川さんの持つ熱さが、結晶になったのが、きっとブラベルですね。

 自ら禁断にしていた扉を開けて、殻を破って、私も前へ!
                           

日常のこと、思っていること、見て聴いて琴線に触れたものについて、
これから咲く庭の花などとともに綴っていくつもりです。
できれば森川さんファンの方ともお話できたら、と願っています。

今日無事にこのブログを開設できたのは、無知な私に話を聞かせてくれた友達Kちゃんと、22日に間に合うようにご親切にも何度もメールで説明してくれた森川さんファンの方のおかげです。
月夜野さま、本当にありがとうございます。
初めてお話(メールですが)できた大切なファンのお仲間。
勇気を出してよかった!
あなたに出会えたことも、森川さんからもらった大切なもののひとつです。

これからどうぞよろしくお願いいたします!

 






 

  • 森川さん
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)


fxwill.com

書いた記事数:1220

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM