スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

暑中お見舞い申し上げます

北の大地は猛暑の予想が、羽毛布団をいつまでも片付けられないまま、7月…夏が来ているようです。本州では暑さが続いているとのこと、暑中お見舞い申し上げます。

 

ただ日々に追われ、暦だけが飛ぶようにめくれていきます。

ほぼ家にじっとしていられる時間がなく、目の前のやるべきことを一つ一つこなすことだけ考えているとランナーズハイもかくやあらん…などと思いつつ、いかんせん身体は一つ。へばって、休んで、また起き上がる。そんな毎日。

 

今日は久しぶりに家に居られたので、朝から家中の窓を開け放って、外の風を入れた。昨日今日はだいぶ気温も上がって夏らしい。25℃もあれば、道産子は十分に夏を感じられるので、それ以上は望まない。

このところ、本当に慌ただしく、小さいひとたちに「いってらっしゃい」や「おやすみ」も記号のように言っていたなぁと、久しぶりにゆったり見送った娘の笑顔を見て気づく。

ぐわーっと目標に向かって駆け抜ける時期も必要なんだろうけど、本来の私はやっぱりちょっとおっとりしてるくらいがちょうどいいのかもしれないとか、アイスティーを淹れながら思ったりする。こんな風に丁寧にお茶を淹れたのは一体どれくらいぶりだろう。今年はラベンダーも刈り取る前に花が咲いてしまった。

 

 

時間は止まらないように、小さいひとたちの成長も止まらない。

今しかない時間を、どう過ごしたとしても、もう戻らない。

やりたいこと全部は選べない。生きるって覚悟することだ。それでも、何かを選んで夢中になる勇気だけが自分を未来へ連れていってくれる。時に揺れながらも、私はそう信じてる。

小さいひとたち自身が忙しいので、遊ぶ暇もないくらい。限られた時間の中で、できる限りの経験と、楽しい記憶、安心という時間の中にいた土台が出来たらと願う。あれやこれや考えて、連れ出したり、一緒に作ったりして、せっせと時を紡ぐ。

今年はやたらアイスアイス言うので、ならばと手作りアイスキャンディー。これはフルーツを変えて色々試すと楽しそう。キーンとくる冷たさが大人にはキツいけど、子供はへっちゃら。

 

 

それにしても、家に居られる時間って、なんて豊かだろう!

毎日居るとダラダラしがちだけど、これだけ慌ただしい中でぽっかり空いた一日はギフトのように感じられる時間だった。ずーっと撮り溜めていた番組を観たりしながら、やりたかったこともする。こういうとき、やるべき、に縛られないことが肝心だと思う。「べき」など粛々と済ませてしまって、「したい」ことをとことん味わう。どんなにくだらないことでも大手を振って味わう。好きなことをするのに、成果などいらない。

皆、いろんな場所で、いろんな役割を引き受けて過ごしている。時には、ただ好ましいと思うことだけを浴びるようにして、何者でもない素の自分に還ったらいい。そうすれば、力はまた湧いてくる。そんな風に感じた夏のある一日に。

 

 

  • -
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

fxwill.com

書いた記事数:1219

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM