FOLLOW ME UP

坂本真綾,Rasmus Faber,岩里祐穂,坂本慎太郎,鈴木祥子,大貫妙子,渡辺善太郎,h-wonder,内澤崇仁,河野伸,the band apart
FlyingDog
¥ 2,780
(2015-09-30)

坂本真綾さんのライブに初めて行って来ました。



真綾さんの歌を聴くようになって何年くらいかな?と思って振り返ってみたら、ちょうど3年前でした(初めて書いた記事がこれ→  )あれから、アルバムも遡って聴いたりして、ついにライブに行く日が来るとは。
上記アルバムを引っ提げてのツアーだったのですが、今年は真綾さんの歌手活動20周年ということもあって、アルバム以外の曲もたくさん。
というか、本当にたっっっぷり歌ってくれましてね…!
その喉の強さに驚愕Σ(๑•̀ㅁ•́๑)✧
CDでも十分に力強さを感じますが、それ以上に逞しく、澄んだ歌声に聞き惚れてきました。1曲目から安定感あるし、ハイトーンでアップテンポなナンバーから、しっとり歌い上げるバラードまで、歌うほどに伸びていくような豊かさ。真綾さんの声は綺麗に澄んだ癒し系なので「よかったら、座ってゆっくり聴いてください」と言われたバラードコーナーでは、うっかり夢の世界に連れていかれるところでした。ご本人も承知しているようで「気持ちよーくなってる方も、今の曲で ハッ∑(゚ロ゚〃)となったでしょ?」と茶目っ気たっぷり(笑)。
正直、初めてなので会場の雰囲気(やっぱ圧倒的に男性が多いのかな?とか)やノリがわからなかったのですが、若い女の子から妙齢の男女、親子連れなど様々。だから、コアなファンの方にも初心者にもやさしいセットリストで嬉しかったです。実は私はアルバムばかり聴いているので、アニメとのタイアップとか何の作品の主題歌になってるとかほとんど知らなくて^^;一緒に行った友人は真綾さんが高校生の頃から知っていると言っていたので、懐かしい曲が生で聴けて感動したそう。知らない曲も結構あったけど、MCでも話していた通り、ライブで聴いて好きになっていくのもいいですね。


(写真は大通公園のホワイトイルミネーション)

とにかく全曲、全力投球、手加減なし。歌いながら、声だけでなく全身から迸るような力を感じて、もう生命力の塊でしたね。キラキラしてた。
すごく可愛いし、スタイルも綺麗で、歌も上手なんだけど、私が惹きつけられるのはそういう部分じゃなくて、感じる生命力そのもの、発するエネルギーの強さにこそなんだろうなぁと実感できる、パワフルで、明るくて、洗練されたステージでした。
照明が自由自在に変わって様々な光を投げかける演出も、バンドのカッコ良さも(パーカッションの方どんだけ働くの…!)、すべてチームで作り上げてる感じ。
真綾さんは自分で多く歌詞も書いているし、最近は作曲も手がけているけれど、どちらにも携わっていない曲でも、心から歌っている、魂から声を出して歌っているように感じられる。それだけ歌を深く理解し、愛しているのだろうし、それだけ多彩な表現力を持っているんですね。いや、インタビューなどで読んではいたけど、それを目の当たりに出来て、とても贅沢な時間をもらったなぁと(*´ェ`*)
今年の4月、たまアリでの20周年記念LIVEでは入りきらず歌えなかったけどまた歌いたかった曲を選んだ、どうもマニアックになってしまうんですけど、とも言っていましたが、私も大抵そうなのでちょうど合っていたのかもしれません。
今回のアルバム曲では「東京寒い」、「これから」、「かすかなメロディ」が好きで、うち2曲を聴けて嬉しかったのと、「君の好きな人」を聴いた時にはもう、切なすぎて、きゅーって!きゅーっとなりましたよ(;-;)
MCでもちょいちょい笑わせてくれたり、無駄に謙遜したりせず、常に堂々としてるところ、正直な人なんだな、強いなと。何の特徴もない地味な高校生だった私が…と話す真綾さんが歩いてきた20年、つい最近しか知らないはずなのに一歩一歩足を前に運んできた姿が見えるようで、じんわりきました。
うん、行って良かった。楽しかったし、確かなあかりが灯ったランプをもらった気持ち。



駅までの帰り道、大通公園で開催中のミュンヘンクリスマス市とホワイトイルミネーションを通って、ちょっと寄り道。



日曜の夜も遅めの時間だというのに、かなりの人出でした。



クリスマスグッズからドイツやフィンランドの可愛い工芸品、本場のソーセージやホットワインなど多彩なお店が軒を連ねています。
ひとまず寒いので、友人とコーヒーショップで飲み物を…私はホットチョコレートを飲みながら歩く。濃くて甘い液体が、寒いからこそ沁みる。
今年は今のところ暖冬で、この時間でもプラスの気温。それでも、手にした紙コップは数分で冷めていく。小腹もすいてきたので、ソーセージとザワークラウトの盛り合わせを頼んで、暖房の入った休憩所に逃げ込む。が、ライブが終わった時間が閉店時間ギリギリだったため、大急ぎで流し込む( 艸`*)



イルミネーションも毎年少しずつ新しいものが増えている模様。
今年は雪がないままだけど、冬の夜の光って特別だ。



光の道はまだまだ続いているけれど、そろそろ帰ろう。
心も身体もあったかいうちに。



札幌駅〜大通〜すすきのまで続く駅前通りのイルミネーション。
夜の街に繰り出すこともないので、久しぶりの光景。
音楽って不思議だなぁ。その場で触れた音と感情はかたちには残らないけれど、自分の中に何かが生まれて残る。その見えない何かが、私たちを動かしてるエンジンなんだろうと思う。
 
  • 声優さんのお話
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

fxwill.com

書いた記事数:1217

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM