チャーミーなチャップリン


すっかりご無沙汰しておりました。
時の流れ、情報の流れの速さから身を離し、目の前の荷物をよっこらしょっと移動したり、片付けたり、手離したり、労わったりする日々の中で、やっと少し生活リズムが落ち着いてきました。
いつのまにか季節は秋から冬へ。
辺りは白く染まり、今年も暮れようとしています。早いですね。
やや、聞くところによると、来年森川さんは年男だそうで。
未年…ひつじなんか可愛い( 艸`*)
北海道で羊と言えば、ラムなんですけど笑

ご当地キャラ。ジンギスカンのジンくん↑

本題。
録画していた「特別番組:チャップリン笑劇場スペシャルトーク」。※再放送あり
あわよくば一瞬でもトークの合間に森川さんの吹き替えが聴こえないか(映像は流れるはず)、さわりだけでも!と期待(執着)して視聴。動機は混じりっ気のない不純度100%(笑)黒柳徹子さんや羽佐間道夫さん、チャップリンのお孫さんらがチャップリンと作品についてあれこれ話しています。
私が観たのは全3回のうち3回目で、吹替についてというよりチャップリンの生い立ちや人柄、面白さの原点について語られていました。その中で羽佐間さんが、森川さんの吹き替えた「チャップリンの改悟」は、もうチャップリンが声をあてるならこう当てて、と言っているのがわかるような作品とおっしゃっていて、無声映画は観たことがないけれど、役者というのは間や笑いのツボを肌で感じるものなんだなぁとますます観たくなりました。
そして番組後半。
突然、今回吹き替えた声優さんのインタビューコーナーが!
5人のシルエットが出てきて、ええっ!!森川さんが観たいです…!!!と思ったら、出ましたどきどきやったー!
ヘッドホンしてマイク前に立つ、黒シャツにシルバーの格子柄ネクタイ、「吹替で蘇る!チャップリン笑劇場 声優インタビュー」の下に 「森川智之編」 お名前どーーーん☆ ”VOICE ACTOR”とか、ワイドショーなどとは一味違う画面の細やかなこだわりというかスペシャル感が、ものすごく嬉しいうっとり好きな方がピックアップされるひそやかな悦び(笑)
インタビューは作品の映像を交えて5〜6分。
座って上半身が写っている状態。森川さん、黒シャツは半袖です。いつ収録?と氷点下の朝に観ている私は驚く。背景はスタジオの一角でしょうか。
テロップで、

―――森川智之☆.。.:*・゜―――
好青年やお調子者 老人からクールな悪役まで千変万化の声で演じる 主な吹替俳優:トム・クルーズ/ユアン・マクレガー

との表記。
吹替中の映像は、正面や後ろ姿、横顔の他、マイク前右斜め下から森川さんを見上げるアングルも。
なんというか、マイク前の巨人的な存在感。体幹っていうんでしょうか、この揺るぎない感じ。体当たりしてみたくなる上半身の安定感といい、強そうな喉元、話すたびに動く頬と大きな表情が可愛い、このギャップ…!
インタビュアーを真っ直ぐ見つめながら話すカメラ目線じゃない真面目な表情、ふっと笑うとき、いやもう、ありがとうございます、本当にお願いき
一字一句同じではありませんが、森川さんの話していたこと。
台本以外でもよく観るとものすごく細かい動きがある声を出せない制限がある中でどれだけ動きの中で表現するか、伝えられるかすごく考えていたと思う。そこはチャップリンの動きをよく見て合わせていく。他のキャストの人も合わせてくれて、とてもいい作品になったと思う。
無声映画に声をあてるのは今まで経験してきたアニメとも海外ドラマのアテレコとも違う、新しいことをやっている感覚。独特のテンポ感で、実際声を入れてみると、こんなに速いんだ!今やってるアニメと全然変わらないくらいテンポの速さ、場面の切り替えの速さ。どんどんストーリーが進んでいく。100年前?いや、新しいな!と思った。

森川さんが担当した作品は「チャップリンの失恋」と「チャップリンの改悟」。
森川流チャップリンのキーワードは「チャーミング」どきどき
ただ単にコミカルな部分だけでない、可愛いところも演じてみたい。愛されるキャラクターにしたいと思ったそう。この話のあと吹替している森川さんの映像が、まさに超キュートで、声と相まってひっくり返りそうでした。
(チャップリン映画に出てくる笑いは)「ベタだけど、僕はいっぱい観てきたなって。ちょっと鳥肌立ちますね。ここにルーツを観ているのかもしれない」
数々の笑いを提供してきた森川さんが遂にルーツに辿り着いたのですね!!
この番組は無料放送でしたので、他の声優さんのインタビューも含め全3回とも観られそうです。再放送が今月何度もあるようですので、是非チェックしてみてください。スターチャンネルさん、素敵な企画と番組をありがとうございますきゃー

「チャップリン笑劇場」ピックアップ動画→ 

森川さんの姿を観ることにも慣れてきたはずですが(TVやDVDだったり動画だったりで)、何回観ても浮かれてしまうというか、声だけの時と違うので当然衣装や髪型、健康状態(お母さんか)をつい気にしてしまうし、目線や表情、その魅惑の声が発せられる口元、言葉として発した想いの先、いまの森川さんが見つめているものへと、どんどんどんどん目も心も持っていかれてしまうので、いつも動転して追いかけるのに必死な気持ちになります。6分弱のインタビューについて書くのに半日かかっちゃいました(笑)
ホビット最終章も今週末からですね。楽しみすぎる〜〜♪

               

  • 森川さん
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

fxwill.com

書いた記事数:1217

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM