スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

冒険と愛情

好みが似ているブログ友さんが好きだと聞いて、ずっと気になっていた坂本真綾さん。私の中でのイメージは、洋画の吹き替えが多い演技派の声優さん、そして鈴さんの奥さん(笑)歌も人気だとは知っていましたが、TVのCMで聴くだけではキーの高い人なんだな、程度の認識しかありませんでした。やっぱね、自分も女性なのでついつい新しい曲を…と思っても男性で好みの歌声ばかり選んじゃってでもふと、誰にも似ていない鈴さんの曲を聴いているうち、こんなに自分の想いを誤魔化さずに世界と向き合う人が、一緒に人生の時間を刻んでいきたいと思ったのはどんな女性なんだろう、と興味が湧き(不純な動機ですみません)、ご自身が作詞されているというある曲が聴いて見たくて、初心者にもとっつきやすいシングルコレクションを手にとったのですが。
いやはや…!
声優として達者なお芝居で聴く可憐さや透明感のある歌声もさることながら、その奥のハートそのものから響いてくると思われる愛情の豊かさに圧倒されました。すごいね…!私、彼女より年上で同性なんですけど、なんか…包まれちゃった、愛されちゃった感がすごくある(笑)
7年間の集大成ということだそうですが、様々なタイプの違う楽曲をこれだけ自分のカラーで表現し続ける、それも一段とびのような性急さではなく、1曲1曲育ててきたんだろうなぁという着実さ、その根気強さというかひたむきさが、とても清々しいなと感じました。

私が聴きたかったのは「スピカ」という歌なのですが、自分でもびっくりなんですけど私なぜだか涙が出てきて。こころの一番やわらかい場所にある、自分でも名前のわからない感情を直接両手で抱きしめられたような驚きでした。こんな風に愛されたら、自分がもし男性だったら一生この人を守って守られることこそ幸せだと誓うと思う(笑)
なんだろう、理想の女の子とかじゃなくて、等身大で一生懸命で、毎日笑顔になれることを探して見つけて、明日を信じて瞳をまっすぐ上に上げて生きてる子が居たら、そりゃあ応援したくなるよなぁ…それもかよわいから守ってあげたいんじゃなくて、時には試されそうなくらい強さや自分もしっかり持ってて、そこにいつも居てくれるんだなぁみたいな安心感もあって。昔読んだ名作絵本に出てきそうな女の子。ホントに居た!そんな子がここに!みたいな衝撃でした。
「雨が降る」や「さいごの果実」のように問いかけるように静かなこころで自分と向き合う曲も惹きつけられます。
ユーミン作曲のノスタルジックな「おかえりなさい」は、どれほどの山を越えて来たら、彼女ほどの若さでこんな言葉が紡げるだろうと圧巻。あるいは、哲学や人生について深く考えたり本を読めば、言葉だけなら答えが出るかもしれない。でも、彼女の言葉には血が通っていて、そこにたしかな温度があり、手触りを感じる。まぎれもなく、自分の足で歩き、涙や汗を流して逃げずに自分であり続けた揺るがなさが、それぞれ個性の異なるシングルでも一貫して感じさせられて、すっかり魅了されてしまいました。冒険と愛情に満ちたアルバムです。
歌というのは、歌唱力や曲そのものの魅力が大きいものだけれど、なにかささやかな日々に小さいけれど大切なギフトを運んでくるような歌を歌う人も居て、出逢うと幸せになれる、そんな歌が私は好きです。

今日は2012.12.12と同じ数字が並ぶ、私たちの人生で最後の日なのだそうです。あまり、そういう語呂合わせや縁起はかつがない方ですが、何だか次は百年後という方にぐっときます。

「百年前 僕はここにいなかった
 百年後 僕はここにいないだろう」

谷川俊太郎さんの「朝」という詩を思い出します。
高校生の頃に出会ってから大好きな詩です。

「あたりまえのところのようでいて
 地上はきっと思いがけない場所なんだ」

と続きます。
どうか百年後のこどもたちやおとなたちにも、いま美しいと感じる空や木々や水の色がありますように。

昨日は拍手をたくさんありがとうございました
メッセージのお返事は続きに書かせていただきました。
>20:35に拍手とメッセージして下さった方…!
 全文文字化けしてしまって、どなたかもわかりません
よろしければ左のメルフォかコメント欄からお願いいたします

                          

>イクラさま
 私もイクラ様はどうしてらっしゃるかしら…と思っておりました
 フィギュアスケーターじゃないんだから、くるくるするのも大概にしないとですね(笑)ええ、無理はききません。
 お互い厳しい季節を迎えますが、どうぞ無事に年を越せますように!イクラ様もご自愛くださいませ

>よし子さん
 こちらからもありがとうございます。
 無理はしてないはずなんですが〜年の波?
 疲れがたまってしまったので、養生しながらゆるゆる参ります。

>ちょこさん
 文章どころか文字も浮かばない日々でございました
 ご心配おかけしました。ありがとうございます(ノд・。)
 寒くなってまいりましたね。ちょこさんもお気をつけくださいませ。越冬計画はゆっくり進めて、変更なしでまいります 
 待っててください

  • 音楽・本
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

fxwill.com

書いた記事数:1219

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM