FOREST GREEN♪


暖房を入れたいような肌寒さで始まった6月ですが、ようやく北の大地でも花咲き乱れ、緑生い茂る初夏☆.。.:*・゜がやってきたようです。
小さいひとたちの行事も多く、飛ぶように過ぎる毎日。
いろんな場所へ出かけて、それぞれ違う人たちに出会い、話す。
そこで出会う、新しい物の見方や自分の知らない世界は、わくわくするし、刺激もらうし、勉強になるし、ものすごく充実しているのだけれども、同時に、向き合うほど脳も心も揺さぶられ、疲れもする。
ガーッと磁石で取り込むみたいに入ってきた、たくさんのものを、一旦静かに、熱が少し冷めていくのを感じながら一人で整理する時間が、いつ何時でも私には必要なようです。2、3日にいっぺんくらい引きこもらせてー、が本音( 艸`*)

で、コツコツ進めていたのが、これっ☆



久々のコルダ♪お借りして楽しませていただきました。
ゲームは挫折したくせに激しく傾倒した初代と違い、コルダ3はキャラ萌えも声萌えも出来ず、まもちゃん目当てでアニメをチェックする程度だったのに…キャラソンまで聴いちゃったよ!(爆)
Another Sky feat.至誠館、いいっヾ(≧∪≦*)ノ〃
なるほど…学校対抗にして、キャストもバラバラにした意味がようやくわかったよ!こうやって編入して、いくつもの”if”で、青春ストーリーを描くためだったんだね!?さすがネオロマ!あざとい!!でも楽しいO(≧▽≦)O

アニメでも気になっていた、至誠館吹奏楽部存続の行方。
乙女ゲとはいえ高校生にしては濃すぎるキャラの中、一番学生らしくて爽やか(顔面がそうじゃない人もいますが 笑)な、彼らの高校生活が見てみたいなぁと思ってました。
期待通り、それぞれに悩みあり、問題あり、乗り越えての成長あり、友情ありで、とても清々しい青春ストーリーでした。これぞ高校生。いや、高校生が新幹線乗り放題ってことは有り得ないとは思うけど( 艸`*)
あと、コルダで吹奏楽っていうのも新鮮だなって。
OPの、♪パーパーパーッ、パラッパッパラララ パーパッパララ♪ってメロディがすごく印象深くて、起動するたび頭から離れなくなっていって毎回聴いてしまい、ついにキャラソンにまで辿り着くほどハマった(笑)そういえば、Stella quintetも一時期エンドレスリピートするほど聴いたっけ…音楽はイメージ増幅装置ですね顔文字
予想外と言えば、最初に攻略した八木沢部長が誰よりヒロインだったってことと、新キャラなのに設定盛りすぎのダークホース・長嶺!( 艸`*)
お育ちが良くて、仲間思いで、穏やかな部長と彼を心から慕う仲間たち。ある事件がきっかけで八木沢と袂を分かち、今では敵対関係にあるブラスバンド部を率いるかつての同志・長嶺さん。この二人を中心とした部員たちのドラマを見ているだけでも楽しかったですニヤリ王道万歳\(^o^)/
つうか長嶺さん、主人公が母とともに居候することになった寺の息子で朝は袈裟姿でお勤め、昼は眼鏡で長身のスマートな先輩、ブラスバンド部部長、求める音楽に厳しく、二人になると冷やかな微笑みと意地悪な言葉で主人公を弄ぶ、趣味はバイクの17歳って…設定盛りすぎィィ(〃д〃)まぁもうビジュアルから設定まで、まんまとしてやられましたね…ええ…。
吹奏楽部の面々がいつも一緒で仲良くつるんでいるのと対照的に、長嶺さんは一人で考えて決断してる。そういう大人っぽい面が感じられる声も素敵で、持っていかれました。もう、あの告白するタイミングとかさ!びっくりしたよ!!そこで?今言っちゃう?なんかずる〜いo(>_< *)(* >_<)o って、久々にときめきでローリングしちゃいました。

八木沢部長は癒しで、誰より安心できるキャラでしたが、あまりのヒロインっぷりに「叶わねぇ…」と乙女ゲームにあるまじき感情に…なんかこう、至誠館吹奏楽部の白雪姫みたいだなって。
火積くん、火原先輩と同じなかのひとだと思えない低音&昭和なキャラ設定でしたが、うまい具合に乙女最適化されていて(笑)私は好きでした。最初こそつっけんどんだけど、まさに話せばわかる人。すっごい真っ直ぐで、熱さを秘めていて、不器用だけど一途なところ、良かった。嫁に行くなら火積くんかな。あのお義父さんだしO(≧▽≦)O親は大事ですよ。
新は、騒がしいタイプが苦手でもお調子者なだけじゃないところ、少しずつ主人公にメロメロになっていく段階があって良かった。ああいう明るいムードメーカーな後輩が居てくれたら、部は円満だろうな。
ハルくんは唯一、星奏学園の子ですが、竹を割ったようなスパッとわかりやすい真面目キャラが活きるストーリーでしたね。実家が神社とか剣道やってるとか(担当楽器チェロなのに指は大丈夫なんだろうかと心配になる)、新のいとことか、こちらも色々盛り気味ですが、一番男っぽい子なのかも、と感じたり。女性の声優さんのキャラ攻略って初めてでしたが、声の高さに関係なく、ハルの透明感や男らしさ、素直さや可愛げが全てブレずに伝わってきて、甘くはないけれど学生らしい可愛い恋ができたな、と。
長嶺さんの魅力はすでに語ったので、ストーリーの方。あの因縁と解決までの展開、私はとても良かったなと満足でした♪何となくそうなるんじゃ?と思っていたけど、誰かを犠牲にすることなく(某アニメ最終回で実際あったので・・・)、言葉以上にわかり合える結末と全員にとっての大団円だったんじゃないかなって。しかも、あのエンド後とかスペシャルとか、なんだかんだ一番甘いのは彼だったな〜ご馳走さまです!
逆注目エンドが結構手こずってしまって、コンプまで時間がかかりました。でもいいですね、逆注目!自分にないものを相手に見つけて、何だかよくわからないけど惹かれていく…王道!これも王道O(≧▽≦)O
長々語りすぎましたが、とっても楽しかった!!
キャラソン借りに行くほど好きになって、GREEN FOREST GREENは着メロにまで登りつめ。吹奏楽の音は元気になるね!自分ではピアノや弦楽器の、静かな曲ばかり集めてしまうので、まさに意外性の恋( 艸`*)
仙台は学生時代の研修旅行で半日観光したことがあります。
コルダのおかげで爽やかな眩しいひと夏を過ごさせてもらいましたクローバー




恵みの雨のような拍手、ありがとうございます。

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

薄桜鬼SSL〜永倉先生、山崎先輩

のっけから山南先生に萌え、随分マニアックな学園生活からスタートしてしまったので、次でメイン&生徒に戻ろう!…と思っていたにも関わらず、また道をはずれてしまいました。どうしてなのかしら…。
ネタバレなしの感想をざっくりと。

はい、2年2組〜新八先生ーっ!(笑)ジャージの数学教師になってました。
本編では男っぽくて剣士らしいのにどうしても大人の色気たっぷりな原田さんの添えもの感が否めず(失礼)、賑やかしキャラでオチ担当という位置づけだったしんぱっつぁんが、どうやって萌えの対象になるのかな〜と山南さん同様未知数だった永倉先生。こういうオーバーリアクションで声も大きくて何事も体当たりのTHE☆体育会系キャラは好みではないのですが、先生っていうポジションは、乙女ゲームにおいてやっぱり美味しいなと思いました。それでも基本のキャライメージは崩さず、上手にさりげない萌えをちりばめている感じ。
先生キャラの場合、たぶん生徒より近づく理由が必要で、特にヒロインはあの千鶴なわけで(笑)超真面目なヒロイン相手に正攻法で距離を縮める感じが、だんだん何でもアリに慣れて興ざめしてきた私には新鮮でした( 艸`*)
千鶴も攻略キャラによって対応が変わるので、永倉先生の場合は山南先生より距離が近くて仲良しな印象でした。元気キャラがふっと見せる大人の優しさみたいなのがツボでした☆
ちなみに2周目からミニゲームはスキップ券購入で飛ばせるようになるので楽々です。特にプールとバレンタインのが苦手で^^;でも、バレンタインはゲームを越えてシナリオ見る方が千鶴の必死さに共感できますけどね(笑)あと永倉先生は原田先生と並びで出ることも多いので、ついつい原田さんの方へ行きたくなって困りました。ええ、お楽しみは後で…。

SSLで攻略キャラになって一番楽しみだったのが山崎先輩♪
彼は保健委員なので、山南先生√でもよく絡んできましたが、すごく現代に馴染んでます。いや一番違和感がないかもしれない( 艸`*)常識人で苦労を自ら背負いこむ性格は変わってません。
個人的には、いかにも常識的で次に言う台詞や行動が読めるタイプは好みでないのですが、山崎先輩の場合は他の非常識な面々(自覚的、無自覚問わず)に挟まれ、時に振り回され、必死で自分のペースを守ろうとしている真面目さが絶妙でした手この人特有の淡々とした物言い、ヒロイン重視じゃない行動が良かったのかも。この辺は萌えの好みの問題だと思うんですけど、私は断然”たやすくメロメロにならない”キャラが好きですね。自分をしっかり持ってて、そういうキャラがたまに(もしくは徐々に)デレる様にときめくのだと!
山崎先輩は親切だけど、快適な一定の距離感があって理想の先輩像でした。近づくプロセスもごく自然。ツボったのは、バレンタイン( 艸`*)
生死に関わる本編のような激しさはないけれど、SSLの控えめで初々しい恋愛もいいな…とまったり楽しむゲームかと。あと先輩の私服のセンス、好きでした♪

さて次こそ生徒に行けるのか!?よく考えたら平助くんや沖田さんのような同級生タイプのキャラって、アニメとか全員揃って話してるのは楽しくて大好きなんだけど、なかなか攻略キャラとして興味が湧かないのでしたDocomo_kao8先生や本命は最後にとっておきたいし…となると後は鬼の人か兄。正直、他√でもこの二人かなりウザめですあせというか、そもそもの風間さんの扱いが(爆)お付の二人も本編の理不尽をぶつけるかのようにSSLでは相当酷いよww若干不憫になる(笑)この人こそ、こんなでどうやって千鶴が好意を持つのか不思議でしょうがないんですけど、そこも楽しみにしようと思います。
ただ、√は分岐しても学園生活自体とイベントの流れが同じなので、攻略するほどに単調に感じてしまうのは否めないかも。スキップ券使うと本当にサクッと終わってしまうので、続けてやると物足りなくなりそう。私はちょうど時間に制限があるので、日を空けてのんびり楽しんでます^^

日々お付き合いや拍手ありがとうございます♪          

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

薄桜鬼SSL〜山南先生ェェ!!


薄桜学園に入学したものの、小さいひとたちが絶賛☆春休み中のため遅々として進められずにおりました。しかし…ようやく一人、攻略できましたよ☆
前回女子の友情EDになった時、√に入ったかな?と思った山南先生に突撃。
サブキャラたちはステイタスが出ないし、もしかしてメイン攻略後じゃないとダメかな…?と心配しつつ、先に卒業された方のブログを読んでみると大丈夫そうだったので、そのまま行ってみました。以下、ストーリーのネタバレはしませんが、多少中身には触れちゃうかもしれないただの萌え転がった感想です。

さ、山南先生ェェェ…!!!!!いやんハート
ちょ、まさかの激萌え√でしたよ…!?
あの山南さんに、だとぅ…!?ゆう★って戸惑いまくりましたが、もう禿げ萌えた。
いやいや。たしかにね、先生ってポジションは(あくまで乙女ゲーム上では)美味しいですけども。白衣は萌え(あくまで…略)ですけども。中にベスト+スーツ+眼鏡とか(以下略)ですけども!!

あの、山南さん、で す よ( ̄□ ̄;)!?
基本、山南さんは山南さんなんですよ。どこか胡散臭い話し方は相変わらずだし、cv.飛田さんも攻略対象になったからって山南さんのキャラがブレるような小細工は一切せずといった感じで堂々たる(笑)いつもの山南さんなんです。保健委員長の山崎さんもどこか気を許していない感じだし、みんな一目置いて(怖がって?笑)るし。例のアレも出てきます。
正直、本編での山南さんの印象は「こ、こわい…!(((;゚Д゚)))」しかありませんでした。誰√でも一番穏やかに話しかけてくるけど、その穏やかさこそが怖い!というかもう狂気が透けてます…!という、じわじわ迫る感じ、さらにブレない飛田さん気迫の演技に本気で震えあがっておりました。確かに最期は良いところもちゃんとあって悲しかったですけど、ときめくとかは…汗いくら美形・静かな佇まい・文武両道と、見事な萌えツボを押さえているとはいえ、狂気が入った時点でヘタレな私には無理です手に負えませんごめんなさい(>_<)と思っていたのに。(ついでにファンの方にもごめんなさい土下座
いや、ホント、ごめんなさいだったよ!!
山南先生、超・素敵でした(〃д〃)めっちゃ大人!ズルいよ〜〜〜///
いい先生で、優しく思いやりに満ちて、ちょっと意地悪で。
きゃあぁぁぁ…kyuって叫びつつvita持ったまま転がりたくなる、ローリング級のときめきでした。びっくりした…!平和な時代万歳、学園もの万歳\(^o^)/
ちょいちょい怪しさを感じつつ、そこを上手く利用した素晴らしいキャラ設定でした。山南さんと言えば例のアレとか、他キャラが山南さんをどう見てるかとか、千鶴も山南先生√に入っても若干怯えた感じがあったり(笑)
個人的に一番良かったのは、山南さんの立ち位置が絶妙だったこと。
山南さんは教師で千鶴は生徒。個別√に入ってからもあくまで先生としてのポジションが大きく揺らがなかったことが安心して「学園ものとして」楽しめたな〜と感じます。話の設定が千鶴は”学園唯一の女子”なので、どのキャラ(攻略対象外の龍之介は除く)からも特別扱いされてることには変わりないんですけど、もし教師になってるキャラが生徒であるヒロインに一線を越えたアプローチを露骨にしてきたら、いくら萌えるためのゲームとはいえ萌えるどころか逆に「貴様…仕事を何だと思っている怒り」とげんなりしたでしょう。他の先生は(特に原田先生あたりは)わかりませんけど(笑)、山南先生は真面目で、それでいてちゃんと千鶴を揺さぶって、翻弄してくれました。特にラストのスチルは反則…!何も際どい絵じゃないんです、でも反則(/ω\)台詞もあれ反則〜〜〜o(>_< *)(* >_<)o
いやーーーーもう!大満足です薄桜学園桜
欲を言えば、もうちょっとボリューム…!って思いましたけどねあせミニゲームに時間取られなければ(2周目からはスキップ券があるので)、サクッと2時間程度で終ってしまうのでは。教師かつサブキャラだったからイベント少ないのかな?価格を考えると、1年目終了から卒業まで一気に飛ばしてしまうのはもったいないというか寂しいな〜汗と感じてしまいました。ときメモGSのように3年丸々とは言わないですけど、もうちょい親密になる過程が欲しかった、と言ったら贅沢すぎるかな?Docomo_kao8
でもでも、山南先生√作ってくれてありがとうございました!です。
一番面倒に感じそうな人から、とか思ってたのに(こら)嬉しい予想外でした。久々に覗いたアニメイトでSSLのグッズを見かけ、最愛の斎藤先輩と山南先生を交互に眺め、うっかり初めての目移りしたくらいにはときめきましたうっとり
そして飛田さんの表現力の幅と、一音一音の美しさにも感服いたしました。
さすがに、さすがの、熟練の技なのです。美声であるとかカッコいい役だとか台詞だとかよりずっと以前にある基礎力の違いというのでしょうか。「ええ」「いえ」そのたった一言に載せられる情報量が、まったく違う。絵がなくても、たぶんキャラは今どんな表情をしているかがわかるような声。攻略対象となって初めて聴く、でも山南さんであることは間違いないと思わせる素晴らしい表現に胸打たれました。これぞ物語のファンとしての醍醐味です。あのクセのある話し方をベースにして、わずかな匙加減で本編にはなかった萌えを載せるって職人技すぎる。実はわたくし、思春期の頃とある作品で飛田さんのお声に聴き惚れて以来のご縁(照)しつこいようですが、まさか山南さんで萌え転がる日がくるとは思いませんでした。シナリオと声の妙なる調和。萌えの可能性は無限大なのね…とさらなる宇宙の広大さをみる思いです( 艸`*)
さて、お次は学生同士で学園生活を過ごしてみたくなりました。好みから遠そうなところから、あえてじわじわ楽しんでみようかな〜(笑)

拍手ありがとうございました♪
レスは続きに書かせていただきました。

                           

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

桜を待たずに入学♪

うふふ、ふふふふふ…。
春なのに(春ゆえに?)のっけから不気味な笑いですみません。
買っちゃった(〃д〃)「薄桜鬼SSL」!つまり、PSVita買っちゃった☆てへ!
日々の中でそうそうゲームに熱中する時間がとれるわけじゃないし(他の事に時間を割いているだけで忙しさは人並みだけど)、PSPだけでも相当な積みゲーがあるのに、そんな私が新型だとぉう!?という躊躇いは勿論ありました。そして一度はキッパリ諦めました。諦めてたんですけど…ちょっと手に入れられそうな状況が見えまして、そうしたら何かもう今一番求めているのはこれでしょ!って勢いづいてしまって。気が付いたら、その時点でオトメイトパックの最安かつ最速入荷店舗調べて手続き完了してましたね、ええ。カチッと加速装置が入る音が聞こえた萌えは久しぶりでした(笑)

増税前の混雑に関わらず本体・ソフトとも遅れず届き、早速起動。
説明書はなく「始めよう」みたいな初期設定の案内がぺらっと入っているだけでしたが、WiFiなど設定はスムーズに出来ました。画面には色んなアイコンが並んでいて(多機能なのだろうけど)よくわからない。完全に宝が持ち腐れそうな予感をひしひし感じながら、いよいよソフト(カードになって小型化したんですね。DSみたいなサイズ)を挿入。と、ここではたと気づく。
あれ…?パッケージに「別売メモリーカード必要」って書いてあるけど、これ内臓メモリでいけるの??正直これまでのPSPとVitaの違いもよくわかっていない万年ゲーム音痴の私。ダウンロード版は絶対必要だろうけど、SSLはパッケージ版もなの?
メモリーカードはこれまでPSPで使っていたものは合わずVita専用じゃなきゃダメっていう(シャア気取りか!こざかしい!怒り)独占ぶりで価格が高いので同時購入してなかった。こ、ここでお預けはつらい…!と思い、とりあえずやってみたらセーブ出来たので、内臓メモリでいけるようです。←超適当。 

とにもかくにも薄桜学園入学しまーす\(^o^)/こちらは桜の開花まであとひと月以上もあるけれど、心は満開の桜が見えるのでノープロブレム!いざ、尋常に!(`・ω・´)ゞ ※ゲームの進行に関わるネタバレはしません。

わーいわーい♪本当に、本当に薄桜鬼の学園ものだーーー!
当たり前だろって言われたらそうなんですけど、何しろこれはスピンオフというかパラレルなわけでしょ?薄桜鬼キャラが好きすぎるファンの愛から生まれたオマケというかご褒美的な作品なわけで。あの生きる死ぬを突き付けられ進むほどに辛く重くなる、乙女ゲなのに〜( ノД`。)・゚。って日々を一緒に駆け抜けた者だけが味わえる、この極めて平和な”if”の日常。誰とも引き裂かれる様な別れの心配がないってだけでバラ色の世界ですよ。いわば学園天国ですよO(≧▽≦)Oそういう意味では、別にこのソフトが薄桜鬼初めてって人でも普通に楽しいとは思うけど、絶対に本編知ってから入った方が何倍も萌えると思いますよね。
もうね、キャラが出てくるたびに、うきゃー☆って叫んじゃいます( 艸`*)完全にキャラ萌えゲームです。FD感覚でいいんだと思う。

ところで、パッケージ版にもボタン操作など説明書は一切ありません。
正直戸惑いました。Vita初めてっていうのもあるけど、PSPの頃だってゲームによって使用ボタンは違うから慣れるまで見直して確認したりしてたので…。ログを遡れるまで時間かかりましたあせそしてゲームをやめた後に、説明アイコンがあるって気付きました。わーお。
それでも、好感度を確認するステイタスを開いてもメインキャラしか出なかったり、ちょいちょい「ん?これは?」と思うことも。どうやら好感度は攻略追加された山南さんたち4人は見えないものらしいです。つまり確実にEDに辿り着けるかどうかわからない…不安だ。
細かい点ではセーブやロード画面が凝ってて可愛い。学生気分満喫♪
画像は思った以上に美しかったです。格段と感じます。そういう意味では乙女ゲームは美しさが命って面もあるので買って良かったと思いましたきそのうちソフトも増えそうですし、DLも手軽かも。
タッチパネルは慣れないと不用意に触れてしまいがちですが、慣れの問題かと。でもこのソフトに関してはあまり役立っていないような…。どうせならテキストもスワイプでめくれたら楽だったかな。
薄さと画面の大きさは掛け値なしに快適です。音質について、私は最初ボイスが「受話器から聴くような声」だと感じました。でも評価では音質も上がったという声が多いようなので、上がった…の?汗耳には多少覚えがあるつもりですが好みもあるでしょうね。徐々に慣れて今は普通に聴いています。聴きやすいです。それは特に、PSPよりイヤホンじゃなくてもちゃんと美声を堪能できるボリュームになった点。イヤホンは苦手なのでこれは本当ありがたいです。

サラッと遊んだ感想としては、キャラたちが制服姿の学生や教師として出てくるだけで無条件に嬉しくなるゲームではありますが、意外にミニゲームがクセモノでした。これ難しいよ!主に操作が。これも慣れの問題なの!?
最初のゲームは答えがわかっているのに思うように回答出来ずイライラ。さらにプールでのミニゲームも全然勝てない!あくまでミニゲームだし、そこそこポイント稼げてればOKかな?なんて甘かった。ちゃんとクリアしないとベストEDに辿り着けないとのことです。悲報。
1周目、本命を避けつつ気まぐれにプレイしていたらサブキャラルートに入りそうだったので、ミニゲームも成功率低いまま放置しメインキャラと仲良くなりすぎない選択して無難に過ごしたら友情ED(女の子)になってしまいました。どうりでイベント少ないと思ったDocomo_kao8女友達に愛想振りまきすぎてちゃダメってこともわかりましたが(笑)ミニゲーム侮れない。
やり直して、プールでのゲームクリアに30分も費やしたりしながら進んでいます。
最初はあの人から。本命はまだ大事にとっておきます(*´ェ`*)

拍手の置き土産くださった方々、いつもありがとうございます♪

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

雪とRockとプリンスたち

怒涛!であり、始動!することも多い、助走!の日々。
3月は毎日がパラパラマンガのように過ぎ去っていきます。
そんな中、予約購入していたものの特典CDだけ聴いてお預けくらっておりました「幕末Rock」をぼちぼち始めました。
乙女ゲームとは違う、でも明らかに女性向けの設定やキャスト陣。
派手に話題でしたけど実際やってみるまで一体どんなゲーム???と謎だったのですが、いや、面白いです!
基本シナリオを読んで進むアドベンチャーパートに、歌に合わせてボタン操作するリズムゲームがちょいちょい入ってくる感じのようです。いえ、まだ序の口なのでね(笑)序盤すぎて森川さん演じる土方さん、つまり新選組も出て来ていないのですが、高杉(たっつん)&桂(森久保さん)は早々に歌ってましたよ。
なんか幕府側(というか井/伊/直/弼)が邪悪な印象で始まったので、じゃあ幕府側である森川さんは敵役なのか〜と思ってたんですけど、先日行われたイベントのレポや超魂團で曲を出すという流れを見ると、敵対しつつもいずれ協力する感じになるのかな?早くサクサク進めたい!
ゲームの印象は、一言で言ってすごく面白い!です。


下にシナリオ欄が出てきて文章を読む形式に慣れていたので、キャラ(絵柄もなんというかペンの勢い溢るる劇画チック)の吹き出しに台詞が出る、という、まるで音の出る漫画っぷりが新鮮。
そしてシナリオも1つ1つの台詞は短め、ドタバタしたギャグっぽいノリを声優さんたちがテンポよく演じていてアニメのようです。そういえば、アニメ化も決定したんですってね〜!楽しみです☆あとはこちらでも放送してくれることを祈るばかりですが…。
森川さん単独のインタビュー動画はこちら
プレイする前は独特の世界観についていけるかしら…と思っていましたが心配無用でした。理屈じゃなくて勢いでした(笑)とにかく熱い!主役が龍馬で、しょちゅう「うおぉぉぉ」とか叫ぶんですけど決して鬱陶しくならず龍馬、可愛いです。〜ぜよ、とか紀章さん演ずるこの龍馬がとにかく可愛い( ´艸`)声の明るさとあっけらんとしたおバカ加減、キュートな龍馬につられて気が付くとノリノリ前のめり状態でした。龍馬、今までで一番ハマってる気がする〜と考えていてふと、そういやネオロマンスな月森くんも同じ人…って思い出しツボりました(笑)振り幅がナイス☆
龍馬と掛け合いが多い高杉(cv.たっつん)、桂(森久保さん)。三人とも話し方やトーンがそれぞれ違うところが丁々発止の掛け合いをより楽しく感じさせてくれているようで、聞いていてもバランスよく心地いいです。ここに重厚な森川土方と声は爽やかだけど毒の強い小野賢章くんの沖田が混ざり合ったら…!
あ、超魂團と書いてウルトラソウルズとか、そもそもすべてがつっこみどころですが、むしろ「でえぇぇぇ」感と摩訶不思議な世界観の中で弾ける5人のロック☆な兄さんたちの可愛さ、歌ではカッコ良さを愛でるゲームじゃないかと感じました。
森川さんのブログに先日のイベントの特典グッズが。いいなー都会っ!!
マニアックな情報番組がこちらでは放映されない、などはありがちですが…こういうCDとかイベントだけの大きい特典などを見ると、やはり地方の残念さが身に沁みます。

これの前はPSPで「SNOWBOUNDLAND」というゲームをしていました。ちょうど冬の間やっていたので季節感的にも童話モチーフの雰囲気も気軽に楽しめました。ボリュームもちょうど良かったです。
偶然、好みのキャラで最初に攻略したのがアージェ(cv.おのゆーさん)。銀魂の将軍かよォォ!で認識していた私は、元々爽やかボイスだとは思っていたけれど普通にちょっと粗雑なイケメンとして恥ずかしい台詞をサラリと言ってるおのゆーさんに衝撃を受けました(笑)心にもないことを言って慌てふためくアージェが可愛くて憎めなかったです。でも何と言っても、偶然そのアージェからルート解禁されたイヴァン(cv.石田彰さま)ですよ…!!他のルートでも冷淡かつ人をからかって遊んでいるような口調に、くううう///となっていたのに、本ルートに入ったらそりゃあ、もう、ね!!!あああああ…石田さんの台詞は一言たりとも聞き逃せません。何でもないような台詞が、会話が、ちょっとした言い方のニュアンスや語尾の上げ下げで、こんなにも魅惑的に響く!まるでガラスの仮面のマヤのようだわ…!おそろしい子…!!←ちょうど今、森川さんが真澄様版を観てるから(笑)
なんでだろう、石田さんには冷たくされてこそときめくのはo(>_< *)(* >_<)o
大満足です♪あとは主役のカイだけ攻略して終了しました。サブキャラの黄色の世界の王子様(cv.興津さん)もいい味出してて良かったです♪台詞飛ばさず聞いちゃった。
操作もシステムも展開も絵柄にもすっかり慣れた気がするオトメイト作品ですが、私はヒロインが良い子なのは構わないんですけど(それが聖母かってくらい稀有なお人よしでも全然イライラしないんですけど)それよりも何の力もつけていない(力を得ようともしない)子が正論だけで宿命に立ち向かう!みたいなのはイマイチ燃えないんだなぁと気づきました。ヒロインの性格やタイプによって、そりゃ攻略対象の台詞も大きく変わってきますものね。ヒロインが綺麗ごと言うのは構わないけど、いくらご都合主義の乙女ゲームとはいえ、それで世の中は変わんないだろ的な萎えが否めず。それを「君らしい」とか「僕が守るよ」と美しきものとしちゃう攻略対象にも、自分勝手に無茶しといて運命相手に丸投げするヒロインにも萎えるのだなと。やっぱ過酷な運命なら一緒に立ち向かえるだけの何かを身に付けたキャラに育てさせてくださいよ、と思うのでした。断然「一緒に戦う系」が萌えるな!

最後に、アプリはやらない私ですが、出来心でDLしてしまいました「恋プリ」。
だって〜〜キャストが全力で私を殺(や)りに来てるもの〜!萌え殺しに来てるもの!!兄弟、上から順に子安さん、森川さん、中井さん、石田さん、小野ゆーさん、おまけに弁護士は杉田さん。5人ならぬ6人の誘惑に負けましたっ。全員銀魂キャストだね!
で、でも課金とかしないし(仕方もよくわかりませんし)スマホ長く観てられないし時間もないので、無課金で進められる程度のさわりだけ。最初は5人とも喋ってくれるし、なかなか強烈な出逢いだと思います。で、まんまと続けちゃってます(笑)たぶん、このまま(無課金)じゃ甘いエンドには辿り着けないとは思いますが雰囲気楽しむのは十分です。アプリはシナリオがつまんないというか拙すぎて合わないと思っていたのですが、これはなかなか面白い。
当然森川さんキャラ(次男)から攻略しようと思うわけですが、これがキッツイな〜森川さんでもつらいかも…というほど超偉そうで強引な俺様ぶりにドン引き。正直、最初から柔らかい印象の子安さんキャラ(長男)になびきそうになるところをグッと堪えて初志貫徹!←大袈裟。いやいや、タケルさん、俺様だけど結構いいとこあるじゃないですか…!って最悪な出逢いから恋へなんてベタなミラクルが我が身に起こります(笑)もちろん森川さん効果も大きいですけど、これはキャラがブレてないというか、設定がちゃんとしてるんでしょうね。以前人に勧められた某人気アプリゲーでは、台詞が唐突すぎたり意味がわからなくて吹いてしまうこと多々でしたが、ちゃんとシナリオが進むごとにキャラの隠していた性格が見えてくる感じになってます。そう考えるとどことなく、ときメモチック?あの最初はぎこちなく、徐々に自分も相手も変わっていくっていうのがいかにも恋じゃの〜って感じでほんわかするんだよね(*´ェ`*)他キャラも攻略したいし、いずれPSPに移植してくれないかなぁ♪
ところで森川さんのタケルはかなり口が悪いです。相当酷い物言いもしますが、全部森川さん効果で萌えにつながる。この毒をも萌えに変える技、もはやノーベル平和賞だなって思いました。(真顔)
あと子安さんのヒビキは、甘い声でとろけるようなんだけど、そこはかとなく変態の匂いがするのはシナリオのせいだよね?(笑)タケルの次に気になるキャラ。
中井さんのノゾムは見た目が中井さんの声ってイメージじゃないのですが、クールで素朴な口調はときメモGS2の志波くんを思い出します。素敵です♪
で、石田さんのカエデは…一癖二癖ある感じかなぁ。ビジュアルは一番一般受けしそうなのに性格が毒舌というかひねくれ者。そこは彰マジックで、やっぱりタケルみたいにひっくり返される可能性大ですが、第一印象は面倒くさいからパス!でした(笑)
小野ゆーさんのショウはわかりやすい体育会系。縁がないタイプだ…と思いつつ、クセモノ揃い兄弟の癒し系として画面を眺めています。
ドラマCD1巻はフリトだけ先に聞いたけど、小野ゆーさんが大先輩相手に奮闘してるのが可笑しかったです( 艸`*)子安さんがいると身も蓋もないような会話になったりして面白かった。2巻も明日発売、こちらは森川さんが出ているので楽しみです。何とか時間を捻り出して、ちまちまとでも萌え充したいと思います。

拍手いただきました。ありがとうございました!    

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

『幕末Rock』MV公開中


PSP『幕末Rock』のミュージックビデオが12/25まで期間限定で公開中とな♪
おお〜!
ゲーム自体どういう感じなのかは謎ですが歌はさすがカッコいいですね〜(〃д〃)それぞれソロ曲ももちろんあるようで、期間限定で視聴できてたみたい今は桂小五郎役の森久保さんの曲が視聴できました。よかった、土方役の森川さんの曲はこれからだ2/27発売なのはゲームだよね?曲もきっとシングルとしてそれぞれ出るんだろうなぁ…貧乏暇なしオタク金なし

公式サイトをちゃんと見てみたら、システムはアドベンチャーパートとリズムゲームパートがあるのだそうです。お、おぅ…苦手な音ゲーでございまするか決してリズム感がないわけではない、と思うんですけど、正直PSPのボタンがいつまでたっても覚えられないというかたま〜に、少しずつ、しか触らない上、ソフトによってボタン操作が違うためいつまでたっても初めてファミコンに触った人みたいなたどたどしさが抜けませぬたまに電車とかで目にも止まらぬ速さでゲーム(しかも揺れる車内で立ちながら)してる人とか「プ、プロや…」と目を奪われます(笑)
先着購入特典として設定資料集とドラマCDが付いてくるのね。視聴とキャストコメントも聴けました。慰安旅行はいやんふざけた内容だそうです
店舗別購入特典はドラマCDで、森川さんはWonderGooというお店でした。お店知らなかった通販できる店で良かった〜。
特典の視聴が出来るのは嬉しいですね!すっごいシュール(笑)でも絵柄からイメージされるキャラの雰囲気よりずっと可愛いです森川さんのメッセージも低めの声で淡々と話しているのにどこかおかしくて、音ゲー要素とか絵柄が好みじゃないとか気になる点はあるけど期待してます。謎は果たして吉と出るか

拍手をいつもありがとうございます
メッセージのレスは続きからさせていただきますね
                          
  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

切なさとミーハー

届いてから毎日聴いております、白華の檻の音楽集。
緋色と言えば藤田麻衣子さんの高音かつ透んだ歌声から始まり、ゲーム中に耳に残った曲が次々と…。そう、次々、でした(笑)1曲1曲、そう長いわけではないので浸っているところでフェードアウトしていき、ありゃりゃ…^^;なんとなく私、勝手に組曲みたいになってるイメージでおりましたが、あくまでゲーム音楽(BGM)のアルバムなんですもんね。
でも、作品の世界観が聞いているだけで伝わるような、美しい旋律の曲ばかり。敵と対峙する場面とかの音はいかにもゲームっぽいですけど、何気ないシーンのバックで流れていた曲など音楽だけ聴いても切なくなるような統一感があって素敵です。ちゃんと曲として起承転結されたら、普通にクラシックコンサート的に聴きたい感じです。私はまだFD(四季の詩)の方はプレイ出来ていませんが、あのテーマが重めでシリアスなゲームを楽しむことが出来たのは、森川さんの演技と幻灯火様のキャラとしての魅力もさることながら、音楽が好みだったのも大きかったのかもしれません。
静かに降り積もる雪は美しく、けれど冷たく、愛する人が心にいないと凍えてしまう。どこまでもどこまでも雪は容赦なく降り続いて、前も後ろもわからないほど白く染めてしまう。それでも、どこかにあなたがいるなら。そんな、深い雪の下に眠る小さな息吹きのような気配と、厳しい季節に生まれる切ない恋模様が音に乗って。うん、本当に切なくて綺麗な曲ばかりなので、出来ればフェードアウトばかりじゃなくてもう少し丁寧に作ってまとめてくれたらいいんじゃないかな、もったいないな〜とちょっとだけ思いました^^;いえ、十分楽しんで聴きこんでいますので今後の参考までに(笑)音楽集として発売してくれてありがとうございます!

緋色シリーズは和風ファンタジーで、白華以外は学園ものでもあるのでジャンル的にも好みですが、白華は神話の世界でしたから正直ちゃんとはまれるか不安でした。けど、乙女ゲーの割に恋愛そのものの描写や甘い台詞なども少なく、大河的なストーリー展開、そして敵はいるけど敵そのものよりもヒロインが自分の運命に立ち向かっていくようなのが、私がはまる作品は多いってことにも気づきました( 艸`*)ネオロマだと遙か3がまさにそれでしたし(あれはちゃんと甘いですが重めでしたよね)、オトメイトだと薄桜鬼、CZですね。恋愛より物語の行き着く先と、登場人物(攻略相手)の幸せを何より願っちゃうような。節子、それもう萌えとか恋じゃない、傍観者や。っていう(笑)や、でもそこでちゃんと好きキャラが居て、そこキャラがどう生きるのかってとこでちゃんとキャラ萌え出来るので大丈夫なんです。←何が?
私の場合、ときメモGSから乙女ゲーに入ったので、てっきり体感型でリアルさ(あぁわかる、私もそういうこと思った!的な感情のシンクロや、いたいたこういう男子みたいな親近感)を求めているんだと自分で思い込んでたんですけど、思い込みは良くない!全然違った( 艸`*)上記のシリアス系も現実に疲れて異次元に浸りたい時は良いのですが、もう少し気軽にちょこちょこ「遊びたい」時は、かなりぶっとんだ設定やいかにもご都合主義な軽めのコミカル作品が好きみたいです。漫画でも恋愛もの好きですが、恋の他にすべきことを持ってる骨太系か、ギャグ多めのラブコメ風ばかり読むのでゲームも好みは同じですね。
うたプリとかも曲ありき→声優萌え→アニメでキャラ萌えと来てるのでまだゲームの面白さを知らないんですけど(音ゲー要素に挫けて寝かせたまま)設定は最初こそ面食らったものの今では抵抗ないどころか何でもアリ具合が可笑しいし、珍しく全キャラ攻略できたSIGNALなんてすべての要素が自分の日常と接点ゼロ!って感じで(笑)あのちょいちょいトレンディドラマっぽさが入る昭和っぽさも好きでした。ユーミンの曲とか聴いても思うんですけど、全然自分が生きてる世界と違うはずなのに、ふっと「それはわかる」みたく感情が交差する瞬間がある。すると見知らぬ世界だった作品全体をすっと受け入れられたり。キャラでも声でも台詞でも物語でも音楽でも、引っかかるものがあるかどうか、に尽きるのかも。
今お友達に借りている「ひめひび」をプレイしていて、お薦めされたのは石田さんキャラがいるからだったんですが…じたばたしましたねO(≧▽≦)O学園コメディで、しかも男子校に理事長の孫であるヒロイン(プレーヤー)が紅一点で転校するっていう、いかにも!な設定なんですが、ベタとか展開が読めるとかはどうでもいい(笑)!石田さんのちょっとチャラい(でも何かあるよねっていう)先生が聴けただけで、もう、もう(〃д〃)あの投げやりな感じ、甘え上手っぽいズルい喋り方、久々に母性をくすぐる「大人役」な石田さんに悶えました。ルート的にコンビになる執事のようなボディガード役(常に敬語、お嬢様呼び、やっぱり秘密がある)が石川さんっていうのも美味しくて…!学園ものなのに学生はいいや(*^∀゚)ъ ってなっちゃうくらいでした(笑)大人万歳\(^o^)/
石田さんで先生と言えばスタスカの星月先生のおそろしさ(((;゚Д゚)))本気の石田さんには何度だって騙され(こら)夢を魅せられるでしょう。本気の彰さま、こわい。魂持ってかれる…!!
でも、好きな声優さんならキャラも好きになるってわけじゃないのが乙女ゲームの奥が深い(面倒くさい?笑)ところ。石田さんマジックを持ってしてもどうしても性格が無理だったキャラもいたし、森川さんやマモなのにいまいち萌えられなかったキャラも^^;システムの相性とか脚本が拙いとかくどいとか好みもあるでしょうけど、きっと恋愛って一口に言っても、そこに求めるものがいかに人によって違うかってことなんでしょうね〜。これぞ恋だ!醍醐味だ!って語り出したら、ホント千差万別だろうなと思いますもん。明確に決まったものがある人もいれば、頑なに自分の殻を守っている人、興味ないフリで自分の望むものがわからないまま流されるだけの人もいる。女子力低いし〜って自ら言う人ほど女子的なコンプレックス抱えてたりするようなもので。理性が乱れる場所に飛び込んで見えてくる新たな自分、新たなジャンル発掘!もあるものですね(笑)人生において、もちろん恋がすべてじゃないけど、恋について語るとき普段は見えない柔らかな感情が見え隠れするのが好きなのかもな^^それは華でしょ。荒野ばかりじゃ、ねっ。
なんか夜テンションで無駄に語ってしまった気がするけど潔く恥をかき捨てよう(爆)自分のストックにあまり華がないので、外付けで補給しておるただのミーハーでございます。何でもかんでも自分が経験したものじゃなくたって、切なさも胸の高鳴りも覚えていけます。片想いだって素敵なレッスン。て、なんかすごいフレーズになった(笑)男も女も関係なく、誰かに深く愛されたり求められたいと思う前に、誰かを大好きになって愛してみたらわかることもあるかも。一人で生まれ出る綺麗ばっかりじゃない感情に向き合って、心を鍛えて、どろどろになる覚悟も持って、どれだけ澄んだ気持ちで向き合えるかなんて、これ以上の修行もないような。まず、これ乙女ゲームの話なんだけどっていう気持ち悪さはさておき、そんなジャンルを生み出してくれてありがとうってまとめていいですか?←
アンジェのリメイクはキャスト変わらずということで楽しみですし、あとはハードの問題だけ…。薄桜鬼SSLがVitaだっていうショックを未だ引きずり悩んでおります。幕末Rockは普通のPSPでしたっけ?これ、新しく情報出たプレイ画面みてもまだ笑ってプレイすればいいのかマジで燃えるべきなのか掴めません^^;今、欲しいのはこれらです。冬は篭りたくなりますね〜。

お付き合い、そして拍手もありがとうございました!     
  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

白華の檻〜緋色の欠片4〜音楽集

きゃーずっと待ってました〜
遂に「白華の檻〜緋色の欠片4〜音楽集」が発売されます
幻灯火様が耳を澄ませるジャケット絵が美しい…きゅん
12/4発売って…今日知った今知ったけど、もうすぐじゃん嬉しい♪ドラマCDはチェックしていましたが、すっかりゲームから遠ざかってしまって、「四季の詩」どころか本編も幻灯火様以外の攻略が済んでいない私はまだ聴けないか…でもでも緋色特有の切ない世界観は好きなの〜浸りたいの〜ってヘタレゲーマーには有難いタイミングでした冬の作品だから発売時期も合わせたのかな?一番身近(地域的に長く感じる)季節だからか、冬を感じる音が好きです。
乙女ゲームの音楽って何気ないBGMも結構耳に残ったりしませんか?ときメモとか、のめり込んで遊んでいた時期はキャラの場面ごとに覚えてしまったくらい(友人にはそんなことないってぽかんとされましたが)。効果というより演出、本当に聴きこみたくなる感じはネオロマの「遙か3」が初めてだったかな〜。旋律で切なくなっちゃうとか、いかにも乙女ゲらしくて私は好きです白華の檻は、サイトが出来て、そこでかかっているのを聴いた時から「いつかCDで聴きたいな」と思って、商品化してくださいってアンケートに書いたほど。実現して嬉しいです。アニメイトかステラワースで購入すると店舗特典にブロマイドが付くとのこと。さっそく予約しました

オトメイトカフェなるものがあると、白華で古嗣を演じていらっしゃる夕夜さんのブログで知りまして。白華の檻のコラボメニューも始まったんですってほおぉ…!都会には色んな萌え処がございますなぁしかし、入れないとか入場整列とか見るとひるんでしまう田舎者にございます秋葉原かぁ。まだ足を踏み入れたことがないです。小さいひとを連れての二度目の上京も目前と迫ってまいりましたが、家族の時間をメインに置きながらもどのくらい個人のオタ充が出来るか水面下で工作中です。いや、考察中です

本日もお付き合いありがとうございます(*´ェ`*)       

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

恋とゲーム

な、なんですか、この声の並びは…!!!
アプリゲーム「5人の恋プリンス」だそうですが。声が尋常じゃない…ッ!
【CV】とキャラ設定だけ書きます。キャラ名とかは省略てへ←こらっ

長男:子安武人(職業/外科医)
次男:森川智之(職業/総理大臣)えぇー
三男:中井和哉(職業/俳優)
四男:石田 彰(職業/漫画家)
五男:小野友樹(職業/プロ野球選手)
弁護士:杉田智和(プリンスたちの恋を見守る冷徹な弁護士)

って。いやいや!いろいろツッコみたいけど!!それはさておき!!!
声が…声が、どストラーイクッアラフォーの萌えのど真ん中を剛速球で射抜きにきたとしか思えないキャスティングに驚きを隠せません。まず、私を乙女ゲーに引きずり込んだ(勝手にはまったとも言う)ときメモGSの声優さんが一堂に会してる感じ…!圧巻き
そこに、この字面だけで威圧感を感じさせる(笑)群雄割拠の武将みたいな声優が居並ぶ中に、小野友樹さんのお名前が。小野さんとくればハンサム大輔さんと反射的に思い浮かべてしまうくらいには乙女系の出演も多いのに、よくぞここで名乗りを上げたなぁ拍手おのゆーさん、私にとっては銀魂の将軍かよォォ!!なんですけど( 艸`*)爽やか青年ボイスですよね。
それにしても、携帯アプリゲームか〜汗手軽なようでハードル高いです。
さらに設定の「本人は知らないけど実はどこぞの有力者の血を引く」「兄弟」「エリート」「プリンス」「花婿選び」など、どこかで聞いたし、深く世界観を作りこむ必要のない都合のいいキーワードが臆面もなくずらり並んでいる様には食傷気味。これまた発想が見事に昭和のかほり…というかお手軽感満載すぎてゲームとしてちゃんと話に入り込めるかすでに不安…
以前ブログにも書いた、あの大好きな「ときメモGS」のKONAMIさんが作った「ときレス」でさえも早々に挫折したのでDocomo_kao8画面の小ささ(目がより疲れるから)?次々畳みかける鬼クエに疲労感が募るから?フルボイスじゃない物足りなさ?私のゲーム根性のなさ?←あるある。
待ち時間などぽっかり空いた時間に出来るという利点と好みの絵柄で好みの声やキャラ、を持ってしても全攻略したるー!という情熱が持続しきれなかったのでした。
これまで何度か乙女ゲ好きな方からお薦めされたアプリゲームを(CMで話題のものも)課金手前まではプレイしてみたことあるんですけど、イマイチ、いや正直全然入り込めそうになくて((+_+))求めているのはコレジャナイ感が…。
それでちょっと考え込んでみたんですけど、基本こういうゲームは「日常起こりえない」恋愛だからこそキュンとして楽しいんですよね。ここはハッキリ認識してるわけです。その上で遊んでるから、ゲームの舞台が学園ものだろうと異国の王子様が出てこようとファンタジーだろうと大差はないわけで。
でも、個人差はあると思いますがどんな設定であれ、恋してる感覚のリアリティはどこかに欲しい。ときめき、萌え、表現の違いはあれど、そこにこそ乙女ゲームの存在意義があると思うわけです。
物語はどんなに自分じゃ考えられない展開をして、こんな台詞言うような男性には会ったことない!(笑)でも、「あぁこんなコトになったら…〇★△$■Σ…!!!」的なね( 艸`*)
小さい画面の中の世界なのに、液晶パリンッて割って入っていきたいような(お友達の名言 笑)、言葉にならない萌えが思いがけず発動するようなね!誰かの恋バナを鼻歌まじりで聞いてたはずなのに、うっかり自分に置き替えちゃってキュンとしたり身悶えるような恥ずかしさ。それこそが醍醐味なわけですよ///←私だけだったら穴掘って冬眠しよう(爆)

つい先日、ゲームは未プレイでアニメだけ観たブラコンについて、モヤッとした理由を考えて気づいたんですが、どんなに声オタでも「用件は声だけ」と割り切るでもない限り、ゲームはやっぱり、キャラ>声だなって。好きな声優さんが出てれば面白い!って感じるわけでもないんですね。
実際、森川さんのキャラ目当てで購入したゲームなのに、うっかり別キャラに(特に声が好きとかでもなく)心動かされてしまったり、あのときメモGS2でさえも森川さんの若王子先生の他に大好きキャラが二人も居る永遠のトライアングル状態(/ω\)だからこそGS2は私の中で特別なのですが。選べない(>Д< ;)とか思わせてくれるほど、そのキャラを生かしているゲームって愛を感じるんですよね。真面目に。作り手が手塩にかけて育ててきた愛情とプレイヤーが見守って(愛でて?笑)きた時間の中にも。
じゃあ、二次元キャラを好きになるっていったい何だというと、それはもう触れることも叶わない相手(爆)を心にずっと留めておくほどの物語(ストーリー)があるからなんですよね。
よく役者さんが役を生きるって言葉を使いますけど、本当に小説とか漫画やゲームでも、フィクションなのにもうその人物がそうしてどこかで生きているような気がしてならない、っていうほどの存在感と物語を背負っちゃってることってあると思うのです。
なんか話が大きくなってきちゃいましたのでゲームに戻りますと、乙女ゲームは最初から恋が用意させてちゃダメなんだと思うわけで。いくら特化した目的がそこでも「ほらよ」とお膳立てされては興ざめなのですよ…。時代の流れか最初からプレイヤーに相手キャラの好意がビシビシ感じられるハーレム状態の設定も多いですが、それでも、そこから少しはプレイヤー側がアクション起こして変わっていく、始まっていくものがないとつまんないなぁって思っちゃう私は古いかなぁ(^^ゞ決して難易度の問題ではなく。そこは根性なしなので(笑)
またときメモの話ばっかすると気持ち悪いでしょうが(自覚はある)、攻略キャラの性格に合わせてコマンド実行していくような地道さが、もどかしくも素晴らしかったなと(*´ェ`*)
相手を変えるんじゃなくてまず自分を磨くっていう感じが健気じゃん!まさに恋だよO(≧▽≦)Oで、またキャラも最初は相当そっけないのがね!それが徐々に普通に話せる雰囲気になって、ある日呼び方が変わった日には…!!ていう、今思い出してもo(>_< *)(* >_<)o ジタバタするほど、気色悪くて人に見せられない顔をさせるほど心を揺さぶられたものです。
結局、積み重ねていくものがあって、育つのが恋心じゃないのかな。

ここまで長々書いてなんだけど、あとは好みですよねー←身も蓋もない。
例えば本でもミステリばっか読む人もいれば、人間ドラマ系、恋愛小説は読まないとか、同じジャンル内でも端正なものからドロドロまで。私はドラマチックな怒涛の展開よりも日常の機微を丁寧に描いたものが好きかな。でもゲームやアニメは思いっきり弾けてるのも嫌いじゃないし、笑えるものが好きだったり。
そして私はあんまり恋にだけ没頭するタイプのキャラは苦手みたい。恋愛ゲーム好きなのに恋に溺れる男がダメとかやかましい!て言われそうだけど、事実そうなんだから仕方ない┐(´д`)┌
そこはリアルでも二次元でもブレないようです。まず働いて?(笑)
さて、この豪華キャストのアプリゲーム。名前だけでもスルーすることは不可能なので、やってみようとは思います。声だけで恋に落ちるくらいわけない実力を持ってる声優さんたちとキャッチーな設定負けしない内容だといいな(。-人-)生かしてくれるといいな。それが叶ったらめくるめく世界だよね♪勇んで全員攻略するよ( 艸`*)いつだって恋する気持ちはウェルカム☆いつまでたっても、心は乙女でーす(*^∀゚)ъ
 
今日も長文にお付き合いありがとうございました。
拍手メッセージへのレスは続きに書かせていただきました^^

                          

  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

島便り2013



もはやDS持ってたことを忘れるほど久々に開きました。トモコレ。
社長は冷房対策でしょうか?夏と言いつつ長袖ですね(笑)
新たな恋も始まっておらず、バイトにいそしんでおられましたここでも働き者…。トモコレって完全にランダムだし、住民も100人近いのに我が島のもりもりさんはよく声優仲間さん同士でつるんでいます


夜の噴水広場であきらさまとすすむさんが。劇場版銀魂の反省会でもしているのでしょうかと思いたくなる意外な2ショットでした

そして…やっちゃいました。新たな若い住人見参ッ!!

マモ( ´艸`)
いやー男性は特に髪型が少なくてね〜ほぼスマイルでごまかしてますが
この間からのブログでモエレ沼公園がめっちゃ楽しそうだったので、お部屋は草原スタイルをプレゼントしてみました。満喫してくれてる様子で満足♪服も微妙なのが多いんだけど、何となくよく履いてるイメージのサルエルパンツをあげてみました。

マモちゃんといったらば歌ってもらわなくちゃ

レベルが上がったら真っ先に歌を覚えてもらいました。あえてのアイドル(笑)!タイトルがベタすぎて素敵

ノリノリな軽い動きがハマりすぎて転がる( ´艸`)

我ながら、いいデフォルメな気がしてきました。

歌い終わって、めっちゃ笑顔爽やか!アイドル!アンコール!!

終わったら大の字(〃д〃)そんな姿さえ爽やか!!

久々にやってみたけどトモコレって地味〜に楽しいんだよね妄想スイッチ(または、ままごと脳とでも言うべきか)を持ってる人なら、まったり眺めて楽しめるゲームだと思う。もはや観察?

私けっこう性格づけが正確だと自負しているんですが、まもちゃんはノリ系ワイワイ型でした。みんなと楽しむ、ピッタリだね

他の住人を作った後に部屋をのぞいてみたら、腹筋と腕立てのトレーニングをひたすらし続けていたマモ。笑顔の裏に地道な努力あり。うんうん…すごい例え思いついちゃったんだけど、怒られそうだけど、トモコレってお気に入りの人を島のマンションという大きな生簀で飼育・鑑賞しているようなコレクター的楽しみがありますね
住人の顔ぶれで自分の中のブーム歴もよくわかります。私の場合、声優さん(男性ばっか)→乙女ゲームのキャラ(ときメモ、コルダ、遥か1、3)→アーティストや俳優→好きなアニメキャラ(シャアやメーテルから花咲ける青少年など森川さん関連、銀魂、ハルヒ、BASARA、タイバニ)→特撮、そこにリア友や家族が入ってるというカオスっぷり。思えば遠くに来たもんだ…感無量だなー(棒読み)
うちはまだ小さいひとにはゲーム鎖国状態なんですが(友達の家では遊ぶけど)、こういう出島で少しずつ解禁していこうかな
けれど北国も短い夏休み!まずは外でしょ!季節を満喫します^^

更新のない日もどなたかのご訪問、拍手ありがとうございます♪
                           
  • たまにはゲーム
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)


fxwill.com

書いた記事数:1220

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM