スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

帰ってきたキョウリュウジャー

発売日に届いていたのにすっかり感想が遅くなってしまいました。
でもずっと待ってたよ〜!会いたかったよ、キョウリュウジャーヤッタv
感想が遅くなった理由のひとつに、一回目観たとき爆笑しすぎて、ネタが多すぎて、どこから感想を書いていいのかわからなかったというのがあります(笑)もう、すごかった。
1年間ずっと彼らの戦いと成長と観て来て、終わり方も好きで(トリン様は悲しかったけど、彼はああするだろうと思える涙)、だからVシネマが100年後の設定と聞き一抹の不安もあったんですけど、色々吹っ飛ばしてくれましたね。ええ、もう木端微塵にちゅん

100年後が舞台なので、なかのひとは同じでもキャラは別人。
いくらキョウリュウジャーの子孫って言っても、あの子たちが大好きだっただけについていけるかしら…だいぶアレ(笑)なのも居るし…などと思っていたのは、結果的に些末なことでした( 艸`*)
脚本はテレビシリーズを通して書かれた三条さんということで、52分の中にまぁ詰め込む詰め込む!Vシネマならではなのか最初からとってもユルくて、言いたい放題なデーボス軍が可笑しすぎる!ていうか攻撃団四季(爆)「一つの戦隊に青系多すぎ!」「地味!」「寒々しい!」うん、ですよねー笑 私もなんでこうマニアックな色合わせになったのかなと思っていたんですけど、さすがキョウリュウジャー。ちゃんと理由があって、オチもありました拍手しっかりと戦隊らしさ、キョウリュウジャーらしさで物語を貫く軸があって、だからこそ、あの自由なキャラの崩し方だったりデーボス軍の自由すぎるギャグ(カオス様がノリツッコミスキルを搭載しておられましたゆう★)が活きるのね…!!と、みっちり頭から尻尾まで楽しませていただきました♪
私はね…トリン様の声を聴いた瞬間、咄嗟に目頭が熱くなりましたよ…。゜゜(´□`。)°゜。地獄の底まで一人戦いに趣き、なお100年後も自分が作り託した戦隊を見守ってくれている深い愛を思うとですね涙
そうそう、後任賢神としてキャンデリラちゃんが頑張ってるんですけど、相変わらずのノリ(笑)大事な獣電池が見つけられなくても、呆れたり怒ったりしないで優しく導いてあげるトリン様、超男前(鳥)顔文字
ラッキューロとのゆるゆるコンビはトリン様のように戦隊を導くって感じじゃないけど、後ろで元気に応援してるチアリーダーみたいで、キャッフー♪って喜んでる姿がいちいち可愛かったですkyu

さて、100年後の戦隊メンバーさんは…ウッピーに尽きますね(爆)
立ってるだけで視界にビシバシ主張してくるあの人、いったいなんなんでしょうね(꒪д꒪) いやー子孫設定だって聞いた時、まず、あの言動ふわっふわだけど心は筋金入りの侍であるウッチーが、現代で、誰かいいひとと出逢って、愛されて、幸せに暮らして(と仮定したい)、さらに子孫まで残したの…!!良かったねぇぇ、ぶわっ( ノД`。)・゚。て頭パーン!したんですけど、たった3代の間に何があった!?ゆう★どんな遺伝子引っ張ったら、ああ出るんだろっていう要素満載のウッピー。何やっても可愛い→何やってもウザいへシフト。草葉の陰で泣いてなきゃいいけどって思ったら、すげー可愛いって余裕の目で子孫を見てたウッチーやっぱ只者じゃねえ( ̄□ ̄;)!!いえ、ウッピーの存在感は素晴らしく、敵までイラッとさせてたキラキラを演出した丸山さんの演技は最初から最後まで目を離せない(ほぼ中毒)ですが☆ですが!個人の好みとして、やっぱポニテで礼儀正しく清く美しく、敵を見る眼光は矢の如く鋭いウッチーが一番好きだなぁ顔文字って再確認しましたとさ。100年後まで話題をさらってくウッチー最高☆願いとしては丸山さんを時代劇(殺陣あり)で観たいですね〜!
ソウジくん(御年116歳)はご存命で手ひ孫を鍛え、昔の自分を振り返るところとか凛ちゃんの花嫁姿とか良かったな!!キャラを大切にしてるなーってテレビ全編通しても思いますね。伏線を回収ってだけじゃなく、愛情が感じられる物語に沿ったキャラ扱いは観てて良かったなーと嬉しくなりますきゃー弥生ちゃんもその後、キングを越えるくらい好きなひとに巡り合えてるといいな。そしてその生々しい捕獲作戦女子トークを聞かせてほしいような、そうでもないようなちゅん弥生ちゃんの女子力に、ピンときてない天然アミィと恐れをなしてる若者ソウジ、ていう構図が結構好きでした(笑)イアンが失恋した弥生ちゃんを口説いたりは…おっと妄想は脳内補完ニヤリてかイッちゃんは隣がギランギランだったせいか影が薄かっ…げふん、もう少しだけギター弾けるようになろう。アミねえさん、鮎ちゃんはすごくキュートなのにあのヅラゆう★昭和というかワカメちゃん??でもやっぱ竜星くんとの並び、身長差もあって絵になるねどきどき
あと竜星くんのお芝居。ダイくんとキングは全くの別人に見える(家族は何度もこれ同じ人なの?って聞いてきた 笑)くらい、上手いな〜と。俺たち賞金稼ぎ団でも気弱な役をやってましたが、息子も「このひと、弱そうな役やるの上手いね」って(笑)ダイくんは、キングのような鋭い目力は全然ないんですよね。代わりにほんわかした優しさを湛えてる。こういう心持ちの違いを表情に出せるってすごいこと。声の出し方も違って、か細いだけじゃなく戦う自覚が出てからもキングとは別人の、ダイくんとしての覚悟した声なってた。こういう風に丁寧に役を作っていける人が今後どんな風に役者として成長していくのか、とっても楽しみですうさぎ
総じて、心配無用の楽しさてんこ盛りの内容でした。トリン様やキョウリュウジャーがしっかり見守り続けてるよって世界観にしてくれたのが何より嬉しかったうっとり
思えばちょうど一年前くらいは、雑誌の付録DVDでウッチーが水着になった!何事!?∑(・ω・ノ)ノ て祭り状態だったなぁ(笑)月日が経つのは早いものですが、好きなものは永遠で、いつまでも遊んでいていいんだと思ってますてへ

今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
拍手とっても励みになります。感謝です^^

                         

  • 特撮
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

キョウリュウFLT札幌

まだまだ怒涛の春休み
次々湧いて出るゾーリ魔の如き予定を必死で捌きつつ、3/30はキョウリュウジャーのファイナルライブツアーin札幌(13:00回)に親子で行ってまいりましたー!記憶が薄れないうちに楽しかった思い出など。
これから参加される方や内容に触れたくない方は回避お願いしますね。

Gロッソは行ったけれどFLTは今回が初参戦となる私たち親子。ファミリー参加のお子様たちは我が子らよりだいぶ年齢層低かった(笑)うちは戦隊デビューが遅かった(息子が年長くらい)からなぁ。その代り細かいギャグも拾って楽しんでおりますが( 艸`*)
そんな初心者なのでショーとトークの2部構成とは聞きつつも、どんな展開がステージで繰り広げられるか未知のままワクワクと席に着きました。1階後方の真ん中あたりでした。遠いから肉眼で細かい表情までは見えないけど、姿や動きは十分に見えました。持って行ったオペラグラスはほぼ娘に奪われてました。

開演前のナレーションは弥生ちゃん&Dr.ウルシェード。
そっか!実際には舞台に出演しなくても声で参加っていうのもアリよね。トリン様も出てきてくれたら泣いて喜ぶのに…!!と真っ先に頭をよぎるも、そんな出演情報なかったしなぁとか思っている間に開演。
いきなり素顔の戦士たちが出てきて「おぉぉーーー!!!」と一気に上がるO(≧▽≦)Oか、か、か、カッコいい(〃д〃)キョウリュウジャーーーー!!!どきどき
ウッチー、やっぱり手足長くて、ポーズが一つ一つビシィッ!と決まってて、特にあの悪を許さぬ鋭き眼差し…!痺れる!!惚れ惚れ(〃д〃)
役者の皆さんは次のお仕事に向けてそれぞれ髪型変わってたりすると知っていても、舞台の上でキングはやっぱりキングでしたし、ノッさんのモジャも元気そう(笑)でしたし、イアンさんは色男風情でニヤけてましたし(褒めてます)、ソウジくんはクールでさらに成長してましたし、アミィちゃんはすこぶる可愛かったですね…!!何度観ても足綺麗〜。そりゃ監督も舐めるように撮りたくなるだろうさ(笑)
周りで観ている小さい子たちが「どうやって変身すんの!?」と驚いていましたが、変身場面も照明の転換で素早く流れるように素面→ガワ→素面と自在でした。すごいね!
ロッソのように奈落があったり高く足場組んでたりはしませんが、それでも迫力のステージを見せてくれました。1階の半分より前方に居たなら、戦士やゾーリ魔が何度か通路を通るのでより臨場感があったでしょうね。
色々とツボはあったのですが、正直もうあちこち観たいし目が忙しすぎて(゚Д゚≡゚Д゚) 記憶も混乱中。あ、黒緑金で戦ってるとき、成敗し終えた金がいつも通り「ぱーふぇくとでござ…」まで言いかけたところへ黒緑がジャーン!と金の前にしゃしゃり出て「「パーフェクトでござる」」って颯爽と去って行きました(笑)「ずるいでござる〜〜」と追う金が激かわ!なんだもうアイツ!!ってなりました。黒緑さんグッジョブでござる手
私は10人の戦士(変身後)が勢揃いした場面を観られて感無量です。ロッソで観たときは10人じゃなかったので、なんかもうブレイブに胸熱!大好きだーっ!kyuてなりました。
あとドゴルドさんやアイガロンの粋な助太刀も沁みたわ〜☆台詞が泣けた。そういえばFLTには次の戦隊も出るんですね。怒様と哀様の一瞬復活はイマジネーションがうんたらで…と言ってました。
何より一番の喜びは。キャンデリラちゃんがこれからはこう生きたいと言った「あの人のように」…そう、賢神トリンのように。
まさか、まさか、この遠い北の大地でそのお姿を一瞬でも拝めるとは思ってもいなかったので、ステージ横の花道にスポットライトが当たった時は私ガチで泣きそうでした(ノд・。) トリン様…!神々しかった…!!TV画面で観るよりトリンの素晴らしいシルエットバランスと風格を備えた肉体。ほんの一瞬の登場でしたが、その存在感に心が震えましたです。地獄の底までお供したい羽森川さんのお声も撮り下ろしで、感動の台詞…!…だったのですが、今書こうとすると詳細失念している衝撃( ̄□ ̄;)!!ででででも!感動だったんだから!すごいいいこと言ってたから!!ホントだから!!!←
開演前に「帰ってきた〜」の告知映像があったけど、キャンデリラちゃんナレーションによると100年後では賢神キャンデリラ!?らしいです。彼女も頑張ったんだね…!ダークに堕とされたノッさんを心配したり、ノッさんもキャンデリラちゃんとのことを悩んでたりと微笑ましいエピソードも健在。最後は抱きつけーって言われても照れて出来ない二人が微笑ましい。
ラッキューロたんはグレても可愛かった(笑)地味なアンラッキー攻撃ウケた( 艸`*)ご当地ネタだったらしい食べ物は「札幌ラーメンはやっぱ味噌だよね〜なまら美味い!」でした。
本編だったのかトークだったのか、うろ覚えネタ。ノッさんになんかおごってあげると言われたウッチーは「花〇牧場!花〇牧場」とキャッキャウフフなノリがほとんど女子高生(笑)ノッさんに「規模が大きい。生キャラメルね」と優しく訂正され、「それでござる!生、きゃらめる」って…言い方ッッ!!なんで30、ゲフン、400歳超えの人がそんな3歳児みたいなたどたどしい発音で可愛く喋れるんだよ…くっ(>Д< ;)ウッチーを生キャラメルの海で溺れさせ隊・大きなお友達(同士)の妄想が見えた気がしたシーンでした。

第2部のトークショー。
キングの第一声が「北海道へようこそー!」全員「逆!逆!」。まるで噂に名高いウッチーのお株(ボケ)を奪うかのような掴みに総ツッコミが入ってました(笑)
ノッさんは「あったかいどう!北海道!」これ好き(*´ェ`*)こちらは本当に今時期春が遠く感じられるので、こういう気遣いが出来る金城大和さんに胸がじんわりとしてしまいました。そこからの「なんでも屋まるふく北海道支店へ入社希望の皆さま、ようこそ!」だったかな?「多いな!」驚くキング(笑)働きたいです。ウッチーが「拙者も入る入る」浮かれてて、じゃあみんなの後輩だよって言われ最初自分が先輩だと勘違いしてたみたいだけど低姿勢になってました( 艸`*)
ソウジ「立風館道場へようこそ」こんな大きかった?のツッコミに「いや入門希望者かと」。一番の若手なのに飄々としてるソウジくんが好きです。
ウッチー「空蝉丸の館へようこそ」もうワケわかんないよ(爆)
噂に違わずウッチーの喋りは普通に飛び出したと思ったら着地点が、というか言葉がひとつ怪しくなるとあれよあれよというまに言葉尻からおかしくなっていく、自分の頭の中で連想ゲームをしたまま話しているようだなぁと感心してしまいました。すごい強心臓だと!(笑)とりあえず空蝉丸の館は可愛さに悶え癒されるのと同量の疲労感ももれなく授与されそうな館でございますね。
アミィちゃんは前日のブログに書いていた「北海道は〜?」の呼びかけに、「でっかいどー!」な返しが欲しかったようなんですけど二度試みるも会場と上手くかみ合わず、へなへなとしゃがみこんで恥ずかしがっているのも可愛かったです。
司会さんから「好きだったコスプレは?」のお題に、アミィちゃんはスケバン結構好きだったー♪ひとしきり盛り上がるみんなから一人離れるソウジくん。ハッ∑(゚ロ゚〃)「着てない人いるから!」と慌てるみんなに、ヤケ顔で衣装のボタンはずしてお腹を突きだしてやさぐれ立ち(笑)ウッチーはスポコン回で割烹着も着たという話から、アミィちゃんが「一つ納得いってないことあるんだけど。なんでウッチーがマネージャー!?」(笑)これに誰だったかなー「ヒロインだから」って即答してて、あぁ…視聴者だけじゃない、共通認識だったんだ…うんうんてなった。言われたウッチーは空蝉丸の衣装の裾をぴらーっと持って足を交差して姫のご挨拶。キング「このあたりから、だんだんあざとく…」(笑)ウッチーは「あざとくない!」と必死に否定( 艸`*)あざといけど騙されて喜んでるのでOKでござるよ☆
Q「何かスポーツしてましたか?」バスケ経験者が数名。しかしトークは迷走して結局「スラムダンク読んでください!」で終った気がします。キングとウッチーが熱く語ってました。
Q「好きな衣装は?」アミィちゃん「白いドレス」キングは「監督がちょっとエッチだからね」(笑)
イアンさんは「忍者のヤツ」理由はゆったりして動きやすかったから。普段のイアンのパンツはぴったりしてて足が「ここまでしか上がんない」と膝までも届かない蹴りを披露( 艸`*)身体が固いわけではなく、動きにくい衣装のせいだそうです。それでアクションは苦行でしたねゆう★
アクションと言えばソウジくん(塩野さん)は初めての経験だったそう。剣のさばき方を何度も何度も現場で練習して覚えていたそうです。今ではすっかり強い剣士に、という流れから観たい観たい!と急に振られ、「来い!フェザーエッジ!!」と呼びつつ、舞台袖へ。「取りに行くんかい!」(笑)ダッシュで素早く戻り、生トリニティスレイザーお見舞いされました、ごちそうさまです羽また武士のように重心低い走りで袖へ剣を返しに行くソウジくん、カッコ良かったですきイアンさんもいいとこ観たいと言われ、「だって俺撃つだけだもん」と素っ気なく言いつつ、銃をくるくるくるくるっと回して魅せてくれました♪
あと何の話からか忘れましたが、思いがけない怖い話も。アミィちゃんとソウジくんが洞窟の中に捕まって逃げるシーンで、音声さんだけが聞いた声があったとか。ホントに何かいそうな場所だったので、それ聞いて怖かったとアミィちゃん。みんなも初耳の話らしく意外に知らないことあるねって言ってました。ノッさんは高い崖の上で命綱もなく撮影したのが怖かったそう。キング「変身する時くるって回んなきゃいけないじゃないですか。落ちたら…」身体張っての一年間、本当にお疲れさまです…!!
最後に会場へ一人ずつ挨拶。印象に残ったお二人だけ書きます。
ノッさん「元・少年少女の皆さま」から始まる挨拶も思いやりを感じます。そして「現・少年少女の皆さん。皆さんも、いつか大人になるでしょう。その時は、何色でもいいです。誰かのヒーローになってください」。
何だか胸に熱いものがグッとこみ上げて、金城さんという役者さんの真摯さとあったかさと共に、とても印象に残った言葉です。
ウッチーのコメントはですね、ちょっと文章化する自信がございませんので(笑)雰囲気だけでも。キョウリュウジャーが終わり、今はすでにみんな別の仕事を頑張ってるよ!って入りたかったみたいなんですけど「それぞれが、それぞれの道で、それぞれをやって…」?とすでに怪しくなり、「北海道はすごく寒いですけど、温暖化でますます暖かくなって」みたいな感じから突如「エルニーニョ、ハニュニーニョ、ニョニョニーニョ?」って続けた日にはハラハラより大丈夫かな(むしろ会場の皆さんがDocomo_kao8)って思ったけど、音声や演出のスタッフさんたちの席を見たら笑っていたので、あぁ通常運転で大丈夫なんだなと安心しましたちゅんエルニーニョはともかくハニュニーニョって何!?オリンピック?羽生くんなの!?思考が「思ったより暖かい北海道→地球温暖化→教科書で習った似た感じの気象現象→響きだけで時事ネタ」と華麗に流れ流れて辿り着いた先がニョニョニーニョって…天然というか、恐れずに思ったことを言える幼児の無邪気さと柔軟性を兼ね備えた30歳に脱帽でした晴れ丸山さんの今後が大変心配で(笑)それ以上に楽しみで仕方ありません。本当に、あの武士の時の寄らば斬る眼光と素晴らしいキレからのギャップ。ポニテも衣装も、もう空蝉丸として生きる全てが恐ろしく似合っていらしたので、これで見納めになってしまうなんて信じられないくらいなんですけど、寂しくて仕方ないんですけど、私の中でトリン様もウッチーもキョウリュウジャー自体が永遠なので、また観返したりしながら思い出していこうと思います。今、家族でシンケンジャーを観てまた胸を熱くしているようにね。

俺たち賞金稼ぎ団」も観て来たんですけど、濃かったな〜(笑)
キョウリュウの面々が出てるけど全然別物なので、うっかり一緒に観ることになった小さい人たちは大丈夫か…?とイメージもろもろでハラハラしていたんですけど、結構ギャグでゲラゲラ笑って観ており、例の緑黒シーン(まさかの実写化 笑)も笑ってたので、穢れなき魂の強さを見た思いですちゅん他の戦隊の方々も出ていてすべてはわかりませんが面白かったです。ジョーが外道に墜ちてたりゆう★
子供たちはノッさんがモジャじゃない時点で気づかないものですね。教えたら\(◎o◎)/!してました。そんなモジャじゃない金城さんの大人っぽさが素敵でしたいやんスタイル良いのでスーツ姿もバッチリですね。竜星くんがキングと真逆のキャラだったことが子供には面白かったそう。緑がカッコいい映画だったな、というのが私の感想なんですけど、なぜか小さいひとたちの間ではキュンキュン(黒)ブームが来ていて、ごっこ遊びの会話を聞いてると「〜きゅん!」とか言ってて可笑しいですちゅん桃は性格キツめのキャラになってたので、子供には怖かった模様。丸山さんの酔拳もどきと派手な掛け声「ホア〜ッ」に一番笑ってたかなぁ( 艸`*)ガハハなキャラより控えめなキャラの方が好み(あくまで個人の嗜好)ですけども、振り幅が大きいところが魅力なのは間違いないなと感じました♪多少不安だった「帰ってきたキョウリュウジャー」も待ち遠しくなりました笑


                                      
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

キョウリュウジャー最終回

おおおおお!!!!!とワクワクきゅんきゅんしているうちに、終わってしまったキョウリュウジャー。本当に最終回だったんだね
一年間、あまりに楽しすぎて、もう終わる、最終回、と言いつつ実感がないまま全話観てしまいました。最っ高にブレイブな戦隊でした…!!!ホント最後まで超楽しかったーーーO(≧▽≦)O
どこからどう感想書けばいいんだ!って感じで、最終回もやっぱ詰め詰め大サービスでしたけども(笑)、とにかく私はみんな笑って観終れたのが一番嬉しいですトリン様はラミレスさん、鉄砕さんたちと共に消えてしまったけど…それは非常に寂しかったんですけど、でも!大人の策略っていうか有難い全声優出演、しかも満面の笑み☆で森川さんが出てくれたおかげで、寂しい気持ちもチャラになっちゃうマジックそんなの声オタだけかもですがいいんです。もう森川さんが「よかった!」って台詞付きで、笑顔で出てくれて、EDダンスまで踊っちゃった日には、勝手に脳内で「あぁトリン様の魂は今度は人間に転生したんだな。めっちゃイイ声の」って補完できる気がするから
あとウッチーが生きてくれた…!ありがとう…!!良い子のみんな(と大きなお友達も)を泣かせないでくれて!!テレ朝サイトでは「息絶えた空蝉丸」て書いてから、むしろ戦隊の音楽の力で奇跡的に復活ってところなのでしょうけど。トリン様は消えたのに、という見方にもあるでしょうですが、むしろトリン様のあの去り方は、永遠に記憶を残すヒロイン王道の美しさがありましたね…トリンがヒロインなら、ウッチーはあれだ。妖精なんだ。だから400年前からドゴルドに取り込まれてたにも関わらず、その後も他の戦士と変わらず戦い続け現代にも馴染んじゃってたし、普通なら途中で「もう肉体的限界が」とか何とか誰か仲間のために犠牲になったりして非業の死を遂げてもおかしくない(しかも追加戦士だし)だけど、どっこい最後まで強くて頼りになって、散々心配させて気を揉ませて、ちゃっかり復活する。もう戦隊の妖精さんだったんだよねっ。←誰に同意を求める。 倒れてるウッチーも綺麗だったわぁ…すみません、こんな大人で母さんで

脚本や演出がとにかく好みでした。熱いのにシリアス展開が濃すぎないギャグ多めというノリ、ちょいちょい大人向けのマニアックな楽しみも挟みつつ、シンプルで明るい敵さん達。小ネタや小さな伏線ストーリーを丁寧に上手に回収してくれていて。
個人的にキャンデリラちゃんとノッさんのつながりがすごく好きで、最終回もさらっと織り込んでくれて嬉しかったなぁ
あとキングとアミィちゃんね!似た者同士コンビ、元気でわかりやすくて可愛いい二人が大好きだったので、ここまできちんとラブ入ってくるとは思わなかったけど最終的にこのカップリング、すごくスッキリしました(笑)女子力低いと散々いじられつつ絶対弱音を吐かなかったポジティブなアミィちゃんが泣いたとき、みんなの男前っぷりにときめきましたわーん、いいな!戦隊って!!一回言われてみたい!「守りたかったんだよ、世界より少し先にね」ってソウジくんの天然たらしっぷりも末恐ろしや
やっぱりキングとアミィちゃんだからベタッとならずに気持ちよかったんでしょうね〜。パフェの約束といい、レッドとピンクのカップリングといい、王道万歳って思いました\(^o^)/あとキングが帰って来た時の表情アップ、イアンさんとウッチーが完全にヒロイン顔だったことも見逃しませんでした(笑)女子力高すぎる、キングへの信頼と感情豊かすぎるキョウリュウジャーが大好きです
EDのダンスもスタッフさん総出演と聞きました。作品愛が溢れてますねキャスト6人のメッセージも上がっていました。
キャッチコピー通り、観る度に驚き、わくわく胸躍り、戦隊と一緒に駆け抜けた一年をありがとうございました次はファイナルライブツアーでお迎えするのをお待ちしています

さて。早くも6月20日にVシネマ発売決定のキョウリュウジャー♪
人気のほどがうかがえますが、いや100年後の話とは知ってたけど、だから別人なのはわかってたけど、あまりの別人っぷりと斜め上すぎる告知に動揺しております
帰ってきたキョウリュウジャー100YEARS AFTER」。

いやーこれキングが喋ってるのに「キングどこ!?」って探しちゃった
そして来ているジャケット、キングはデスリュージャーのトバスピーノのだし。ノッさん(の子孫なのだろうか)以外パートナーの獣電竜も色も変わってますね〜。イアンさんはシルバーでメッシュ入ってるし、ノッさんの訛りキャラも美味しいけど、何より気になるのはあの紫の人ですよね( 艸`*)せっかくのVシネ、きっと真逆のキャラで来るんじゃないかとは思ってましたけど、真面目キャラの反対はチャラい、くらいの想像だったので、ルー語(古いか 笑)的な濃い怪しさまで期待してなかったwwwこの人「ミーたちが活躍する(中略)絶対に〜」の後なんて言ってんの??キャラも言ってることもサッパリ掴めませんwww(笑)
東映ビデオさんのサイトに説明がありました!ちょ、ウッピー(爆)
説明が面白すぎる脚本は同じ三条さんで、監督さんはテレビとは別の方がされるそうで。確実に腹筋やられそうで今からおそろしいけど、ブレイブに楽しみです、はい
こちらのページ下「MOVIE」の左の方の動画で予告が観られます。
ナレーションは超!超!低音の渋さで森川さんが!べじたぼー!っていいそう
あと、もっとすごいのはTOEI HERO NEXTっていうこれかな…ワァオ(笑)
ゴーカイブルーやシンケンゴールド、ゴーバスのイエローちゃんの名前もありますね。ど、どんな感じなんだろ全く掴めない
これから、どんな作品や方向にそれぞれの役者さんが進むのか楽しみにしつつ、活躍をお祈りしております!桃李くんみたいに戦隊は戦隊で、今は今で舞台も映画もドラマもそれぞれに良いなと思わせてくれるような役者さんになってくださることを期待しております〜

今日もお付き合い、拍手ありがとうございまする

  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

ブレイブ47感想

ちょっともう文字で「さらば」とか「さよなら」とか見るだけでヤバイんですけど…!キョウリュウジャーッ(TwT。)
観たいけど観るのが怖い〜と本気で回避(出かけていたからなんだけど)の日曜日。今日は小さいひとの関連で朝から出たり入ったりし、夜になって、ようやく覚悟して観ましたブレイブ47。
うーーーわーーーぁぁああああああ〜〜〜〜〜/////O(≧▽≦)O
大・興・奮!!!!!まさにブレイブなクライマックス感ばりばり
ウッチーが、ウッチーは、ウッチーだけに、どうなっちゃうの!?o(>_< *)(* >_<)o と心配で心配でじたばたしつつ、一人一人のブレイブな見せ場とそれぞれの絆に萌え叫んでしまいました。久々に心から「萌えぇぇぇぇえええええ!!!!!」だった(〃д〃)うん、家族の手前(みんなリアルタイムで観てもう冷静)マンガの吹き出しみたいに叫ぶ自分を幽体離脱させて実際には叫ばず堪えましたけども!たまらなかった!!ラッキューロちゃんの言う通り「最後って感じ〜」
気になってたスピリットレンジャーの後釜、完全にスピリットって言葉に騙されたわ〜(騙してないけど)!まさかのシスター(妹)&子孫(少女漫画家)だった件私はまたてっきり、2人だしスピリットの後釜ってことは生きてちゃダメだ(と思い込んでた)から、ここは人間じゃなくてラッキューちゃんとキャンデリラちゃんが仲間になっちゃうとか?なんて、努めて意識的に楽しい展開へ持って行こうとしてましたそれ以上のまさか、なのに、これまでの絶妙な伏線を思い出し、違和感どころか納得させられてしまう脚本の巧みさとブレイブに、もう感動の極み
そっか〜だから行き倒れてたラミレスさんが優子さんちに居座ってるっぽい映像あったのかそして変身して更に納得!兄は鎧で、妹は鋼。なんて頼もしい力自慢兄妹鉄砕さんにいたっては一人二役だから、真也さんにバトンタッチすれば無問題(笑)いいな〜この、脇役とはいえ出て来たキャラをとことん生かして無駄に捨てない、作品全体のこだわりと愛情を感じます。その分、トリン様が色んなものを抱えて地獄に行っちゃったのかと思うと切ないなんてもんじゃないんですけど…これはヒロイン(決定事項)の宿命ですか

一人一人が命を賭しても止める!という覚悟で敵と対峙していく見せ方、そして宿敵との決着のつけ方。これまでどこまでもカラッとやってきたキョウリュウジャーだからこそ、沁みるし、敵には敵なりの矜持があるって熱い展開にも胸打たれます。ドゴルドさん、やっぱり男!でしたね。荒くれ者だけど芯は純情そう(キャワイーン相手に甘くなっちゃってたりしたり、本気で向かってくるウッチー相手に楽しそうってか嬉しそうだったり)でしたが、思った以上に熱い漢でしたわ。ウッチーもまたドゴルド相手のときは天然封印状態のシリアスな顔になって超カッコいいんですよねーO(≧▽≦)Oウッチーの「腹立たしい…!」何度聴いてもきゅんとするぽややんウッチーも暑苦しい(惚れた弱み的に)ウッチーも(以下略)
そしてまさかの雷様コンビ合体共闘とかこういう敵との密な繋がりで痺れたのはシンケンジャー以来。キョウリュウジャーの方が子供たちには絡みがわかりやすくて、何よりテンポの良さが素晴らしかったと思います。だからと言って感情の積み重ねが足りないようなこともなくて、重すぎず軽すぎない、とっても良い、そのキャラらしい決着のつけ方に魅せられました…!
ノッさんの本気素敵ーっ!で、でも「家族を頼む」とか不吉なことは言わないでぇぇダメだから、家族の代わりは誰にもなれないから!そこは自分だって大事な家族の一員なんだって自分も守り抜いてください…!!
ソウジくんとイアンさん、あの「ソウジ」に、ちょっと、いや思いっきりニヤけてしまって本当にすみませんいやーんもうソウジくんが完全主導権を握ってますよ、このコンビの!ねえ、ちょっと奥さん、見た!?って謎のキャラになっちゃうくらいには萌え場面でした
本陣に飛び込むのがレッドとピンクっていうもも何か嬉しくなった
女の子が添え物じゃない戦隊は面白いですどこまでもやんちゃさを隠さない、むしろ押し通すアミィちゃんがブレイブ可愛い威嚇してたからね「フンッ」て( ´艸`)そんなガチで戦力なピンクをいざとなったら守るレッドとか、もうこれたまらないでしょ、夢でしょ、女子の!一度そこ代わって!アミィちゃん、みたいな(笑)
そうして身も心も滾ったまま当然続く。最終回…とか…ッ
綺麗に血を吐いて前のめりにガックリいったウッチーが気がかりで気がかりで萌えながらも泣きそう(人は案外器用)になってましたが、予告編でしゃんしゃん並んで歩いてるのが見られてホッ
もう、不安はありません。こんな素晴らしい超展開でここまでブレイブに踊らせてくれたキョウリュウジャーだものフィナーレだってブレイブな感動をくれるに決まっています
まだ1回しか観てなくてこのテンション。忙しい日々が続くのですぐ来週が来そうですが、何度も観返したらまた初見じゃ追いきれない沢山の発見があるんだろうな。そんな風に観返して楽しい作品そうはありません。本当にお決まりのシーン一つも同じじゃない、毎回工夫と見つける楽しさに溢れたブレイブにも程がある戦隊でした。ってまだ終わってないけど!

公式のデーボス軍紹介にドゴルド様とエンドルフが追加されています。
ここの紹介どれも面白すぎるんですけど、読んでますます良いキャラ立ってるなー( ´艸`)と好きになっちゃうこと請け合い。ドゴ様の成分は「怒り、番長の学ラン、雷神の毛皮、など」番長…今時の子供わっかるかなー?わっかんねーだろーなー←これも古い(笑)配合は(配合って何だ)、「喧嘩上刀(じょうとう)」だそうです。特記事項が、アイガロンさん共々泣かせます。他のデーボモンスターは確実に笑わせにきてる特記事項ばかりなのに、こういうところも手を抜かず上手いなぁ〜と唸らせられます。思ったけど、ドゴルドさんは腹巻(もしくは腰巻?)が寅柄な時点で可愛い決定ですよね。寅柄なのに風貌ライオンっていう「雰囲気」と「勢い」てキメたキュートさがねGロッソの「腹立たしい!」って言いながらプラプラやってきて替え歌をくちずさんで去っていくドゴ様にもう一度会いたかったです。私たちが行った時は「あんたがたどこさ♪」でした怖がりな娘っこも大うけでした(笑)

日々お付き合い、並びに拍手など、ありがとうございます

  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

キョウリュウジャーVSゴーバスターズ


先日、小さいひとたちと観てきました!初VS映画O(≧▽≦)O面白かった!!
劇場に観に行って良かった☆と大満足の60分でした。テレビ放送の上を行く詰め込み感みっちり、正直90分くらいあったかと思った見応えある内容でした。
ちゃんとストーリーがあって(ヒーロー対戦のようなカオス感じゃなく)、夏映画のようにゲストありきのスピンオフでもなく、レギュラー陣がメインで話が進むから一人一人に見せ場がちゃんとあって、今まで観てきた時間があっての感動というのがあったと思います

平日昼間に行ったので程よく空いていましたが、男性割引デーゆえか大人オンリーの男性が目立ち、真ん中や最上段など観やすい場所を陣取っていたので、ちょっと臆して我々親子は端よりの人の居ない席へ(あ、自由席でした)。
映画館は大好きなんですけど、私あの後ろの人から背もたれを蹴られるのが本当に嫌で(>_<)ささいな不注意から一気に映画の世界を生きていた気分が削がれます。1回やっちゃって気づいてくれたらいいのですが何度もコンコン蹴られたことがあってからは、あらかじめ足を組んでる人とか行動ががさつそうな(大荷物をゴソゴソやってたり落ち着かない)人には画面の見やすさより環境を優先して近づかないように…。子供映画の場合、小さい子の興奮して出る歓声(笑)や飽きちゃったりトイレで途中退場とかは仕方ないことなので気になりませんが、大人数の家族連れがリビングでDVD観てるつもり!?ってくらい遠慮ない声量で話し続ける人々からもそそくさと離れます。個人的にはポップコーンもぐもぐするのも好きではない(極めて短時間かつ目的が観ることなのに、さほど美味しいとも言えず明らかに割高なものをそうまでしてそこで食べる理由が思い浮かばない)のですが、特に子供たちにとっては映画館=非日常(それはお祭りの一種)の経験も楽しみでもあるとは思うので、どっちが多く食べたとかケンカしたり無駄にガサゴソしないよう言い含めて時々は買っています。
自分がどんなに楽しいことでも、みんなと気持ちよく楽しむにはルールがあるよってことを覚えていってくれるといいな〜と、目の前でゴミを置き去りして去った親子を見て我が振り直そうと思う。

さて、映画の感想です。
私、ゴーバスターズは早い段階で録画に追いつけなくなり脱落した不届き者なので強竜さんたちの活躍だけを楽しみに行ったのですが、なんとなんと!ゴーバスターズ先輩がカッコ良すぎた!!痺れたー!!!何あのメットオフの異常なカッコ良さ(〃д〃)
スーツデザインはキョウリュウジャーの方が見慣れた戦隊らしくて好きですが、やはりあの蛍光色に普通の人間の顔が乗ると、ね( ´艸`)ゴーバスはあの作業着っぽさ(むしろ賞賛として)が違和感なくて、登場時の戦いが終わってヘルメット取った瞬間むきゃー☆ってテンション上がりました(笑)
ポジション的にも先輩なので、常時導く役目っていうかキョウリュウジャーを見守ってくれる力強い協力者だったので惚れるしかないっていうか。キョウリュウジャーを観に行ったのにゴーバスターズ先輩に持っていかれた感ありありのカッコ良さでした。

ストーリーは、本編でも描かれたらいいなと思っていた獣電竜たちとの心の交流や絆がしっかり書きこまれていたと思います。めっちゃ美声(賢雄さんかと思ったら山ちゃんでした)の恐竜が出て来たと思ったら、タイムスリップネタがあったり、黒キョウリュウジャーが観られたり、アクションシーンも劇場版らしくスピード感あって激しい。大人も十分満足できる♪あまりの充実ぶりに、この画面速度やストーリーの流れに小さい子供はついてこられるもの!?堯・ω・ノ)ノ と心配になったほどです
全体に、この映画はやっぱり一年間通して観続けてキャラ(役者さんも)の成長と絆が作られていく過程を一緒に追ってきたからこそ、より深く理解して感動できる作りになっていて、あぁキョウリュウジャーを好きでよかった(そしてなぜにゴーバス脱落したし自分)!大好き!!観に来てよかったと心から思える作品でした。
あと、最後に出て来たトッキュウジャーが反則的だった件( ´艸`)
正直まだまだ乗り換える気持ちなく、むしろ自信なかった(ビジュアル含めないかなぁって思ってた)のに「そうきたか…!」って何か目から鱗が(笑)あの線路ついた顔も相当インパクトあったけどキャラのゆるさとか変身のときのアナウンスとか見たことない感じにもっていかれ、あ然としましたうん、まだまだキョウリュウジャーに夢中ですけど、これはこれで楽しみになりました子供たちは大うけでした

トリン様も出演ありましたよ今、本編で主役を食うブレイブさで出ているのに比べたら出番は少ないですけど、森川さんも劇場版のボイスでしたなにが劇場版だって言われたら感覚でそう感じるので上手く言えませんが、とにかく気合が違う気がした声の厚み、響き、司令を出すその一言にも重厚感が。劇場用、台詞が少ない、でも司令である存在感。それらの条件をふまえて、こうも同じ役でも幅が作れるのだなと、いつもながら森川さんのプロとしての技術と感性に惚れるばかり
丸山さんもブログに森川さんとの2ショットを☆ → 
好きな人と好きな人が交流したり褒められたりすると嬉しいですね〜
映画を観て改めて、丸山さんはリアクションが上手いというか説得力があるなーと感じました。様々な場面で6人それぞれのハッ堯゚ロ゚〃)とした顔とか抜きで写るんですけど、その中で一番芝居が自然な気がして。年齢による落ち着きとかキャラに入ってるとかもあるかもですが、ご本人の噂に伝え聞く天然さんとは思えない芯を感じます。これからの活躍も楽しみですね。
映画はすでにDVD&Blu-Rayの発売が3/19に決まっていたので(早っ)さっそくコレクターズパックを予約しようと決めました

いつもお付き合い、拍手などありがとうございます 
続きにメッセージのレスを書かせていただきました。
                         
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

獣電池工房

今日は大寒。
北国もようやく(!)新学期が始まり、除雪の山で車がすれ違うことも出来なくなった死角だらけの道を、今朝は送って行きました。晴れて、キーンと冷え込み、ハンドルを握る手が痛いほど。車外気温計は−11℃を表示しました。風が吹くたびキラキラとダイヤモンドダストのように雪がきらめいていました。

この週末、新学期が始まるその前に母としてやっておかねばならないことがありました。それは、小さいひとの園のバザーに出す品物を作ること。\オゥマァイ/
不器用というか大雑把というか細かい手作業が苦手というか、毎年子供たちの人気や需要より「ゆ、許して!これしか…無理ッ」とお茶を濁してきましたが、最後くらい「男の子向け作品が少ないです〜戦隊やヒーローものは絶大な人気です!」という要望に報いてみようじゃないの( ̄‥ ̄)フンッと意気込み、ネットの海で賢者のようなお母さんに知恵を仰ごうと見つけたのがこちらのブログ。
サコ様の『細かいコトは気にしない。』※リンク許可ありがとうございます
獣電池の画像をPDFでダウンロードできる&手順も説明してくれている記事はこちらです。悩める後続の母に対するこの至れり尽くせり感、素晴らしすぎます…!!
写真は上が本物の獣電池、下が今回作ってみた獣電池です。

私が使ったのはこちら。百均で買ったホログラム折り紙とデザインナイフ、トイレットペーパーの芯、はさみ、のり、透明テープを買い忘れたのでセロテープあと芯に型紙を貼るのにテープのりも使いました。

えー、詳細はサコ様の記事をご覧いただくとして(ブレイブに丸投げ)。
まず獣電池の中を切りぬいて裏からキラキラ折り紙を貼り、獣電竜たちをチョキチョキして貼り付けます。おおっなんかもうこれだけで、すごく獣電池っぽくないですか
これをトイレットペーパーの芯に巻きつけて、中に新聞紙など紙を丸めて詰め、横を貼ると完成!意外とやれる!ちょこまか作業が苦手な私でも何だか楽しくなってきた…と楽勝ぶってたら大いに間違えました。


そう、なんか横の処理が上手くいかないなって思ってたんですけど…これ、芯に獣電池の型紙を貼る前に、横を貼らなきゃなのでした順番さえ間違えなければ、もう少し粗雑にならなかったろうに…後の祭りです。

O型母ちゃんの細かいことを気にしな過ぎるブレイブな出来ばえ。
(獣電池置場は工作大好き息子のお手製)
数的にこれでOKだったんだけど、作るそばから小さいひとが「ガブティラとこれも…」と奪って行くし、ここまで来ると1〜10番のシルバーまで順に揃えたい欲求に駆られ、芯の在庫がなくなるまで結局14本作りました。また芯が出たら今度は横処理を先にして作ってみようと思います

記念として一つは手元に(笑)やっぱりシルバーの相棒ブラギガスを
ローソンのスタンプラリーも18日から2周目。シールはこの絵柄です。
この型紙や作り方があったおかげで毎年渋々やっていた作業も本当に楽しく出来ました♪心から感謝です!
今日もお付き合いありがとうございました☆       
  • 特撮
  • comments(2)
  • by ciel (しえる)

ブレイブ45感想

ぶ、ブレ…ブレイブ…45、感想…ですか?←息も絶え絶え。
うえーん、覚悟して観始めたけどやっぱり辛すぎるよ〜〜゜゜(´□`。)°゜。
拳を握りしめながら観ておりましたが、この展開はキツイ。
どうしたって「オヤジ許せん…!」てなっちゃうでしょう(>Д< ;)
あんな、あんな苦しそうな森川さんの、違ったトリン様の声を聞かされたままCMで引っ張られ、挙句まるで無抵抗なトリン様を後ろから、後ろから一刺しって…ッッ!!あぁあぁあぁ〜〜〜
やだやだやだやだ。森川さんが大丈夫って言ってくれても、強き竜の戦隊と脚本を(そこは冷静に)信じていても、それでも観たくなかったトリンが最も信頼している人間に消される場面なんて(TwT。)
ここで親子対決ぶち込んで来るとはね。正直よそでやって欲しかったよ…
ダンテツが抜け抜けとシルバーに変身した時は軽く殺意が…←あっ
悲しすぎるので、この話はもう忘れよう。嫌なことは受け流す、それが大人の知恵!いざ、デーボタナバンタに教わった笹の葉殺法
それにしても何かを予感していたのかソウジくんにフェザーエッジを託したり、それを縁起でもないって言われたら、微笑み返しよろしく「いや縁起担ぎだ。一番若い君に(略)」とか言って安心させるメンタルフォローまで完璧とか色々涙を誘ってくれるトリン様、マジヒロインですわ。灰になって消えるとか、もう、もう…!
ハッ(゚ロ゚〃)話が戻ってる!!悲しみ〜が〜と〜まらな〜い〜※昭和ソング
河原で倒れてるアミィちゃんを助け起こすウッチー、ふらつくノッさんを抱きとめ支えるウッチーが男らしくて大変ときめきました…!予想外すぎる展開にみんな混乱し、呆然とする中、自分も戸惑っていると言いながら、そこはやっぱりアラウンド400の年の功っていうか年長者ポジションなんだなぁって。自虐めいた弱音を吐くイアンと、見透かしてるソウジくん。この凸凹年の差コンビは本当にいいものですね
一番ショックなのはキングなんだと思うけど、予告通り熱さとブレイブでストーリーは続くのだろうなぁいや、父と息子は拳で語り合うのだ!っていつの時代のセオリー!?ダンテツさんのなかのひとが熱血ドラマやってた時代へのオマージュなの??情熱はあくまでもクールに燃やして欲しい派(なんの派閥)としては一抹の不安が
でも、わくわくしたのはラッキューロたんは家出(笑)、キャンデリラちゃんも追いかけて行き、消されそうになったアイガロンさんがカオス様の下から脱走してキャンデリラちゃんたちと合流しそうって流れで、あの予告。イアンさんとの因縁、ここでちゃんと回収するんだ!すごい!となれば、ウッチーとドゴルドの対決やノッさんとキャンデリラちゃんの淡い恋の行方とかラッキューロとアミィちゃんの漫画愛から生まれそうな友情(笑)も回収してくれるのかなぁ?と期待してしまう一番気になるのはトリン様が“仲間と一緒に”幸せの青い鳥でいられますようにってとこなんですけどね。スピリットとかじゃなくて!(そういえばテレマガ付録DVDでトリン様ったら「うちには幽霊が2人居るぞ!」って自慢げに、ブレイブに言い放ってました)
しかしここまで来ても、アイガロンが脱走するとき「あっ」てバカは見る的な古典的手段に騙されるデーボスの愉快な仲間たちが大好きです(笑)デーボス様の最終進化も怖くなかったし…あの進化を見届けたみんなの無言の間が、つい「あ、あんまり強そうじゃない…」とか「あれが、俺たちのラスボス?(やる気出ねぇ)」とか思ってそうに見えてごめんなさいどんなときもどこかにズッコケ感を忘れないキョウリュウジャーが大好きです。

森川さんのブログに超英雄祭の写メがさらに続々と。→ 
鉄砕さんとは47RONINで共演の間柄。親しげな表情にほっこり^^
イアンさんとも2ショット、ノッさん・アミィちゃん・ウッチーと。名前の前に色を律儀につける役の紹介の仕方がなんか面白かったです( ´艸`)

早く日曜が来ないとガシャポントリン様を観るたび涙目になりそう。
今日は午後から劇場版を観に行ってきます♪

本日もお付き合い、拍手をありがとうございます!
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

超展開すぎて


とってもとっても寒い日が続いています。
今日で何日目の真冬日でしょう。真冬日とは、気温がプラスにならない日のこと。3連休はよく雪も降り、近所の屋根の雪は前衛的な芸術作品かのような有様。上からも下からも雪が攻めてきます。

ところで、日曜のキョウリュウジャー、ブレイブ44。
本編何があったか全部忘れたくらい、また予告編でやられました(>Д< ;)今回はいい意味じゃなくて、心配すぎてどうしようっていう持っていかれ方だったー!うそ、何なの、「ブレイブ45 うそだろオヤジ!シルバーのさいご」ってタイトルからして、ちょっと待てぇぇ( ̄□ ̄;)!!こっちが「うそだろ」だよ!前回「戦隊の創設者です」って鳥居さん@もりもり登場でほっこりさせといて、何その急展開!?
ぎゃー、美しいトリン様の青い羽根が、はらはらと散っていた…ふ、不吉すぎる(>_<)しかもシルバーにキングパパが変身するだとぅ←すでに息子はテレマガの情報で知っていたがーん。
やだやだやだいっ!シルバーは絶対トリン様でなきゃダメなんだいっ!!1億年の時をかけてブレイブそのものになった閃光の勇者は、トリン様ただ一人だもーーんと、心でじたばた(TwT。)
ちょっとォ…ここまで盛り上げておいて、そりゃないよっていう超展開
ていうかトリン様、前に一度石化して死んでるからね。何でも屋まるふくの軽トラの荷台に積まれて7人の小人たち、ならぬ勇者たちに囲まれて白雪ちゃん状態になってるからね。何度泣かせれば気が済むんだ…!森川さんも言ってたじゃないですか、前に結婚式に出たら子供が「トリン死んじゃった」て泣いたってやめてよーもうトリン様一人に色々背負わせるの、やめたげてよ〜〜と、何だか今回は放送後テンション上がらず…。だんだん見方が偏ってくる自分自身に、この戦隊への並々ならぬ愛を感じます
トリンがキングと呼んだくらいなのだから、何かわけがあると思うけれど…ただ乗っ取られてたとかだったら…あんのオヤジ許さん
いやぁぁでもやだー、トリン様の身体はボロボロだと前に言っていたし、まさか我が身と引き換えに獣電池とか武器に力を与えるとかだったら姿は消えてもブレイブは一緒だ!とか言われても納得しないからね(>_<)ううう、来週つらい…。
ぶっちゃけパパ居なくても物語的には盛り上がるし成り立ったんじゃ?
これまで文句なしに毎週毎週、圧倒的展開で一年駆け抜けてくれたキョウリュウジャーの脚本を信じるしかないのですが、はらはら
そういえば、今まで夢中になったシンケンジャー(これはリアルタイムじゃなくDVDですが)も、後半すっごいしんどかったのを思い出しました。そこを乗り越えて、最後はみんなで笑ってブレイブなフィナーレを迎えられることを信じたいです
どきどきして、日曜日を待ちます。

ある朝、起きたら枕元にこんなものが。この鏡文字は娘( ´艸`)

紙をめくると、キョウリュウシルバー☆ワーォ♪

また鏡文字になってるけど、トリイさんだーっO(≧▽≦)O
ちゃんと黒縁眼鏡かけてるちゃんと赤と青の羽根付き白帽子
すごいね、お母さんは何が好きかお見通しだね(笑)
ブログ友さんからいただいたトリン年賀状と並べて飾ってます

お付き合いに、拍手といつもありがとうございます(*´ェ`*)
いただいたメッセージのお返事は続きに書かせていただきます。
                       
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

ありがトリンサンタ


キョウリュウジャーのない寂しい日曜日。年末なのでそうも言ってられないくらい慌ただしく毎日が過ぎていきますが、クリスマスの夜は我が家にも無事サンタさんがやって来てプレゼントを置いて行ってくれたようです。家内手工業制(主に担当者一人)で頑張っております(笑)この頃、息子はいろいろ敏感で「サンタさんの足音聞いちゃった」だの「友達のプレゼントにはヤ〇ダデンキのシールが貼ってたんだって!」とか疑り深くて困る

しかーし!欲しがるものはまだまだ可愛いもので今年はバッチリお母さんとも趣味が合ってギガガブリボルバーでした♪早速、ブレイブイン

やっぱりトリン様の変身シーンは通常戦士より重めに発せられる千葉さんの掛け声といいギャーンとロックテイストな音楽といい、段違いでカッコいいO(≧▽≦)Oしかし息子は肝心の動きうろ覚えで一番大事な指ぱっちん☆を忘れていたダメじゃーん!思わずツッコんでしまった母

「ははは、いいブレイブだ」そんなことを言ってくれそうなトリン様の威風堂々たる姿。森川さんのイケメンボイスが聞こえるよう

じゃん結構な大きさがあります。見事なトリンカラーでカッコいい
身体や戦いの最中では建物や地面に擦ってキョウリュウチェンジ!してますが、「実際やってみるとあんなに早く回んないね〜。だからキョウリュウジャーってやっぱりすごいなって」と息子。ピュアな感想が聞けて満足サンタ

箱もカッコ良かったのでお見せしますね!
シルバーさんの立ち姿だけでも感じる貫録、重厚かつ勇ましい動きはさすがトリン様が変身してるな〜と何の違和感もないのだけど、こうして後ろに並ぶと…つい…羽根はともかく長〜いお髭は…どのように…と雑念が浮かんでしまってですね…。ブレイブが足りないかしらっ

あれから部屋にはひたすら千葉さんの声が響いております
そういえばトリン様がダイゴパパに「姿は魔物だが」って言われてた件ですが、トリン様ってカラー(配色)はものすごく正義っぽいんですよね。だって、白・青・赤!のトリコロールカラーと言えば私の世代じゃサンライズ→ガンダム→正義みたいな( 艸`*)それが最強かどうかは別として、とても「人が好さそう」には見える配色かとでも、あの鋭い眼つきと、やっぱり手。あの真っ青で猛禽類のような鋭く長い爪を見ると、ああ…魔の属性の方でしたか…と。でもその生まれから愛に目覚めて光の戦士に、ってドラマチックな生い立ちを見事に表した絶妙なデザインだなぁ〜とつくづく思います。襟の立ったマント風な上着に、ハイクラス感漂うちょうちんズボン+ブーツ(例え悪の一族とはいえ幹部ですもんね)萌えるしかない。

しかし、息子に買ったテレマガ2月号で気になるネタバレが
違う人がシルバーに変身えっ?トリン様どーなるの!?残り話数も少なくなったところで、来週はあの鳥居さんでしょう?ど、どうやってデーボス軍との決着がつくのか!ノッさんとキャンデリラの淡い恋心の行方に未来はあるのか!鳥居さんの出番はどのくらいなのかッ!?気になって気になって飛び込み前転しそうです( ̄‥ ̄)
発売中のハイパーホビー(雑誌)に、予告とも超英雄祭の写真とも違うカットの鳥居さんが掲載されているそうで。初めて知った雑誌名森川社長の行き先は神出鬼没来年もたくさん驚かされたいでーす☆

本日もお付き合いありがとうございました
                       
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)

ブレイブ42感想

ちょ、ま、オイ、待て待て、待てーぇーいっ!!! 
が、ブレイブ42を観終った直後の感想というか叫びでした(笑)
いやー持ってかれた!本編で結構大事なこと明らかになってた気がするけど、全部次回予告に突然ピン(しかも超アップ)で画面に颯爽登場☆した森川さんに持ってかれた!!!
きゃー☆祝!特撮実写デビューでございまするね\(^o^)/
水島さん、戸松ちゃん、千葉さんから最近はアクセルワンの折笠さんも出て、いつかは森川社長も…とは願っていたけど、本当に叶った!叶っちゃってる!!と信じられない心境。なんてブレイブなんだキョウリュウジャーのなかのひとキャスティング!!!わーいわーい楽しい〜(*^ー^)八(^o^*)
しかもここへきて、ずっとスルーされてたソウジの母が出てくるとは。いや必殺技完成のための話が本筋でしょうけど、そこにキャラの生い立ち絡めて来た上、そーだったらいーのになー♪と、一部視聴者が思うに留まると思っていた擬人化やってのけるとは…強き竜のスタッフ、おそろしい子(((;゚Д゚)))もう好きにやっちゃってー☆
しかも、こんだけ上げといて来週はデーボ・ネンマツヘンセイの襲来でお休みなんでしょ?鬼畜!所業が鬼畜の域っっ

さ、ちょっと落ち着こうか…。
今日は謎のキングパパの正体というか使命が明らかに。でもその設定より、その話の振りになってたキングの生い立ちの方が泣けます。
普通の家庭で過ごしていないからこそ、普通の家庭の幸せがどれだけ大事かわかるって持っていない者の方がありがたみを知ってたりするもんだって銀さんも言ってたっけなぁ…もう、こういう人間性から滲むやさしさ、たまらないあれを観たら、みんな!絶対キングに、あとウッチーにサンタやらせてあげてと思いました。作文。
いやーまさか先代キングが居たとはねです(笑)だからトリン様はキングのことダイゴ呼びだったのかと納得できてスッキリ。こういう小さいけど気になる伏線回収がちゃんとあるのもいいですね
今回はまた10人そろい踏みでカッコ良かったけど、獣電竜たちの見せ場でもあったんじゃないかと。特に俺様トバスピノさんの強制合体ウケたガブティラより荒っぽい的なキングのコメントはあったけど、突進されてたじたじのウェスタンコンビが可愛かったです。子供たち、「プテラちゃんが余ってる」と気にしてましたが、最後そのプテラちゃんがトバスピノさんにコツン!コツン!て頭つっ突いて抗議してたのも良かったロボ戦まで微笑ましいキョウリュウジャーの演出、史上最高に楽しいです。ホント飽きない!目が離せない
最後に滑り込みで念願のサンタさんになる各々方( 艸`*)是非ウッチー殿にはプテラちゃんトナカイに乗って空から単独でサンタが舞い降りてくる的な絵も観てみたかった気もしますが、皆とワイワイ嬉しそうで何よりでござったあと、さりげなく紛れ込んでるトリンサンタのシュールな愛らしさ…あれ、どうしたらいいですかね(〃д〃)森川さん、真面目に超絶男前ボイス繰り出しながら喋って人を笑わせつつ心酔させるって、ちょっとずるすぎやしませんか。もう
からの、顔出しだもんなー( 艸`*)キョウリュウジャーのスタッフさんにトリン様も森川さんも愛されているのが感じられて嬉しいです1週お休みは残念すぎますが、新年早々特撮でトリンな森川さんが観られると思うと来年もブレイブに燃え、萌えられる一年になりそうO(≧▽≦)O
公式サイトでも森川社長の次回予告動画が観られます。こちらの写真では衣装もバッチリ映っていて、ものすごく…トリン配色( 艸`*)で決め顔している森川社長☆す・て・き・ん・ぐO(≧▽≦)O←
そうか…あの超英雄祭のビジュアル写真は、決してパンフを売るための声オタホイホイ(こら)だけではなかったのか…!!!衝撃でした
私の萌えツボは白いエクステです。髭か?髭なのかっ?

数日穏やかだった空も今日は朝から吹雪模様。軽く次の信号見えない真っ白な世界でした。そんな日でもめげずに結構な混み具合なのが北の街です。

テレビなどの映像や写真で伝わりにくい大変さのひとつに雪が激しく降るさま、も入る気がしています。目で見る吹雪き具合より写真だとクリアな感じに。細かく風に混じる雪が写りこまないからかな?他には登山(急こう配や長時間の苦労が意外と伝えにくい)や船など乗りもの特有の過酷さも伝わらないなぁと経験上。
今日は冬至でしたね。かぼちゃと小豆を食べて、柚子湯に入って(今年は乾燥させた柚子の皮)ホッと一息ついているところ。朝からほとんど日が射さなかったので部屋の気温もあがらず、真冬日の寒い寒い日でした。
一年で一番夜が長いといえば嫌だなと思うかもしれませんが、冬至がくればあとはどんどん日が長くなっていく。雪は降っても、春が近づくのを空から感じられます。だから、毎年この日までじっと暗さに耐えて待ちます。あとは白い世界を素直に美しいと思えるように、ただあるがままに。北の冬は厳しいです。除雪も年々追いつかなくなって(市が大赤字だから)厳しさは増す一方ですが、雪の恩恵も忘れないように…我が身に言い聞かせつつ
元気に新しい年を迎えたいですね

拍手ありがとうございました♪
レスは続きに書かせていただきます^^    
                           
続きを読む >>
  • 特撮
  • comments(0)
  • by ciel (しえる)


fxwill.com

書いた記事数:1219

☆メールフォーム☆


*Links


qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM