スポンサーサイト

  • 2020.01.29 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スタマイ!!!

    • 2020.01.29 Wednesday
    • 17:16

    乙女ゲーム大好き人間も、ゲーム機を手にしなくなって早数年。

    DSやPSPの小さな画面を見つめてニヤニヤしていた時代はあっという間に過ぎ去り、ゲームと言えばアプリ、DLするものへ。たしかにスマホに入ってれば手軽だし、やる気になれば通勤時間やちょっとした待ち時間で出来るし、基本無料なら誰もが気軽に始められる。しかし、そのお手軽さゆえに肝心の中身もお手軽・お気楽・スナック感覚で飽きたら即削除、みたいなイメージが拭えなかった。基本無料と言ったって実際はストーリーの先を読むには課金しなきゃ全然進まなかったり、あとなんかアバター?みたいなのの着せ替えだ、アイテムで自分(プレイヤー)をゴテゴテ飾ったりフレンドの数やレベルが重要とかいうシステムも面倒くさくて、私には向かないんだな〜と思ってた。

    ゆえに、ここ数年続けているのは当初PC版から始めた刀剣乱舞だけ(あと、ホントは続けたいけど好きすぎてやりこみすぎてしまうと健康に支障を来すので封印したうたプリのシャ二ライは例外として)。

    たまに、というか定期的に、どうしても良い声とまだ見ぬ魅力的な世界観とキャラに癒やされたくなる侍なので、サクサク出来そうなパズルゲーム系をDLして遊んでいましたが、ある程度キャラが集まって物語が進んだらもういいかな、これ以降は作業だな、という気持ちになってそっと消す。正直アプリゲームとはそういうものかと思うようになっていました。

     

    そ、れ、が。

    去年、何気なく次に始めるゲームを物色しているとき目に止まって始めた「スタンドマイヒーローズ」というゲームに出会って以来、アプリ乙女ゲーへの偏見を改めました。久しぶりの沼に落ちました。今現在も「ど」はまりで中です、いやー楽しい!

    https://stand-myheroes.com/

     

    通称スタマイ。

    システムは基本ガチャでキャラのカードを集めて(それぞれパズルに有利な特性がある)、各ステージで短いストーリーを読み、パズルを解いてメインストーリーを進めて読んでいくシンプルなもの。ガチャに必要なクリスタルはゲームを進めていくと貯まるし、イベントも頻繁にあるので課金せずとも充分楽しめる。パズルの難易度も高くなく、体力であるハートも時間経過で貯まっていくので程よく進められ、好きなところで止められるのも良い。

    あとは推しキャラが出来たら各キャラごとのストーリーやSR以上のカードにもストーリーが付随してるので、クリスタルと同じように貯めるアイテムで読めるようになっている。でも私は初めて半年も経たないけど、まだそんなに読む暇がないくらいメインとイベントでボリュームたっぷり。公式の供給量が凄い。

    で、で、で!何が一番良いって、そのシナリオなのよ…!!

    最初はね、ヒロイン(プレイヤー)の設定からしてやっぱり特別枠だし、この乙女ゲーにしても主要人物多すぎない!?っていうイケメン揃いのビジュアルといい、「いやぁ〜欲張りますねぇ〜」くらいに余裕の薄ら笑いすら浮かべていたのに。

    メインストーリーseason4まで読み進めた今現在のわたくしは、この壮観なキャラ全員の前にひれ伏してむせび泣いております。す、すごい…!それぞれの職業、性格、設定のすべてが、萌えるためのありがちなご都合設定などでは、ぜんっぜんなかった……!!全部、全員が、意味のある、ちゃんと裏付けのある壮大な世界観を担うピースだった…マジか…!!!こんなに衝撃を受けたのは、ソフト版の乙女ゲームでもそうないかも。久々にやっちまったぜ…ストーリーの展開が気になりすぎて、気づいたら朝だったってヤツを…ええ、ダメな大人ですよ、だがあえて言おう、本望であると!

    マジで、シナリオがいい…書いた人尊敬する。警察や麻薬取締官が出てくるので、何度も正義って言葉が出てくるんだけど、ここまでしっかり描かれるとは思ってなかった。誰が推しでも、これは納得できるんじゃないかな。すごいな。というか、乙女ゲーム特有の、誰かのルートを選択すると他のルートは存在しないことになるんじゃなく、無理なくそれぞれのキャラとの物語が綴られてそう。いや、まだ全然読めてないけど、それくらいキャラや設定がしっかりしてる。

    昨年10月にはアニメ化されて、キャラの人数と話数を考えればどうしてもダイジェスト版っぽく、ゲームに比べれば浅くしか描かれていないけど、大筋はこういう事件を追ってますというのはわかるしキャラの魅力は伝わってたと思う。声優さんも最高♪

    メインストーリーもハート消費半減中なので、新規の人も今が始め時!

    いや、もうホント、一度試しにやってみてほしい。あっ、ときメモGS世代の人には懐かしい、タッチで好感度あげるやつもプライベートというオマケにあるので(笑)親密度が上がると他のキャラにかまってばっかりだとやきもち焼いたりする芸の細かさ。

    ちなみに私の推しは、恋愛偏差値1億の男・渡部悟と残念美形の由井さん、闇医者新堂さんです。というか選べないよ!シナリオを読むごとに各チームが好きになるし、それぞれの良さがわかって好きになるので(*^^*)

    それぞれの正義、というキーワードにちゃんと向き合った素晴らしい作品だと思います。実際、よくテレビを賑わすドラッグの事件についても個人的に思うところと見解が似ていたのでよりそう思うのかも。

    乙女ゲームとしてだけでなく作品として素晴らしいので、勢いに任せて語ってみました。あぁスタマイについて語り合いたい(笑)

    HAPPY BIRTHDAY

    • 2020.01.26 Sunday
    • 22:01

    森川さん、お誕生日おめでとうございます!

    ファンになって早12年目…!

    時の流れに白目になりつつ、これからのお仕事をまだまだ追いかけていきたいです♪

    ますますのご活躍をお祈りしております。

     

    ため息をアクセルに変えて

    • 2020.01.21 Tuesday
    • 00:40

     

    すでに1月も半ば過ぎという驚きの事実。

    今年は日記のつもりでブログを書く!とか思ってたのに、最初から2週間が過ぎてた。えええ…三日坊主ですらないじゃん。で、はたと気づいた。何でブログを更新出来なくなっていったのか。

    文章にしようと気負いすぎ!

    そもそも楽しい気持ちを一人では持て余して、溢れ出す燃えや萌えを感情のまま書いていたはずなのに、いつのまにか「ちゃんと書こう」としてたんだなって。

    誰に何を伝えたいかもよくわからないまま、人目だけを意識して気取っても、それは他の誰かのものになってしまうだけなのに。

    好きになればなるほど、その凄さに、素晴らしさに感動して、自分ごとき凡人が語るべき言葉では何も表現できないと打ちひしがれこそすれ、反動で「誰にでも伝わる表現」など目指しても意味はないのに。ふぅ…悟りましたし。

    成長のための背伸びはいいけど、ブログに書く言葉にまで当たり障りのない顔した仮面はいらない。

     

    人の感情を想像はしても、自分の感情が本気で迷子になってしまうことが度々ある。

    言葉や理屈で考えることは出来ても、で、あなたの素直な「感情」は?と言われると、わからなくなってしまう。

    そんなことある?て思うかもしれないけど、本当にそうなのだ。気づけば、いつも周りの状況や人の感情ばかり考えて最善の選択肢を探そうとしてる。無意識に。それがあたかも、自分がそう望んでいるかのように錯覚しながら。

    だから、今年はそういうの、一回全部やめてみたい。

    正しいとか、正しくないとか。

    誰が困るとか、みんなにとって一番いいとか。

    私は良くても家族が、子供がとか。

    どっちか得か、損かとか。

    年齢とか、経験値とか、過去の失敗や、あれやこれや。一回全部そういう言い訳を抜きにして、自分に聞いてみたいと思った。

    、で?

    今やってみたいことは何?

     

    やりたいことリストを書いてみた。

    10個くらいはスラスラ出てきた。何だかわくわくしてきて、もうちょっと欲張って書いてみたくなった。だって、思うこともしなきゃ、きっと動けない。30個まで何とか書いた。このうち1つ始めたら、もっと増える気がする。書いたからって叶うわけじゃない、現実に先立つものがなければ出来ないこともある。だが、あえて言うのだ!それは希望であると。

    読んでおいた方がいいと思う本じゃなくて、いま読みたい本を買って読むの。観ようと思っていたけど気分じゃなければ、違う映画を観たっていいんだ。うんと若い人の音楽にはまってライブに行ってもいいし、何も知らないままで何か始める時って楽しさしかない。

    世間も現実も挫折も、何も知らなかった頃に戻らなくても、大人の純粋さで人生の大波を乗り切ってみたい。いろんなことを諦めたり、仕方ないこともあるからこそ、時にはお腹から大きな声で笑いたい。爆発したい。誰かじゃなくて、自分がパーン!ってするくらい注ぎ込めたらいいなぁ。

    好きなこと、気になるもの、新しい扉はまだいくつもある。

    ため息をアクセルに変えて。何から始めようかな。

    あけましておめでとうございます。

    • 2020.01.05 Sunday
    • 19:53

     

    ご無沙汰しておりました、cielです。

    こまめに更新していた頃お世話になった方々が今ここを見てくださっているかはわかりませんが、本当にお久しぶりです。お元気でしたか?

     

    ブログを放置しているあいだに、新しい時代が始まっていました。

    令和。綺麗な響きですね。けれども、それに反して深刻なニュースばかりが目についてしまうのは、年を重ねたせいなのか、はたして。

    とはいえ世界にどんな荒んだ風が吹いても、そこで生きていかねばならない我々です。容赦なく飛び込んでくる情報を時には上手にシャットアウトして、まずは心の平穏を保ちつつ、考えたり戦ったりする体力・気力がある時には対処しつつ、周りの声に振り回されすぎて疲弊することないよう、あくまで自分のテンポで今年も歩いてまいりましょうね。

     

    私もここ数年、いろんなことがありました。

    一度からっぽになって、もう一度人生を始めるような気持ちを経験しました。穴に落ちたように、歩いてきた方向も、光が射す場所も、好きだったことやものも、何にも見えない真っ暗な「無」から、時間をかけてまた少しずつ「動」き出し、去年あたりから働くことで穴から這い出て「光」の気配が感じられるようになりました。好きなものも思い出せて、それを楽しめるくらいの体力も戻ってきました。

    経験から自省することも沢山あるのですが、今年のテーマは「楽」「愉」

    やるべきことは粛々と、楽しむことは何の引け目も感じずに楽しく!シンプルで、とても勇気の要ることです。

    いくつかの挑戦と計画があります。

    始まったばかりですが、今年はきっと去年より楽しい。そんな風に感じています。

    文章を書くのもその一つ。ブログは相変わらずとりとめなく、その時々に考えたり感じたことを記すことになりそうですが、もしよろしければまたお気軽にお付き合いください。

    今も変わらず森川さんが大好きです、好物と主食は良い声の声オタです。連載が終わっても銀魂が好きです。刀剣乱舞もがっつりはまり続けて今夏で審神者就任5周年です。おかげで2.5次元沼も楽しんでいます。

    あと、アニメはハイキュー!!と鬼滅も熱いです。漫画は「ミステリと言う勿れ」が凄い。ガツンときました。

    ゲームはとうらぶ以外に仕事の合間の息抜きで始めたはずのスタマイにどっぷり持って行かれ、ちょっとどんな感じか見るだけのつもりが恋プロも日課と化しています。杉田さんのキャラがマジヤバい。

    当たり前だけど、ここに書いていない事の方が多い日常が誰にもある。めまぐるしくて、長くもあり、短くもある毎日の暮らし。そんな生活をこそ、愛していきたいと思う2020年のはじまりに。

    アニメ銀魂、来週で終わるってよ

    • 2018.10.02 Tuesday
    • 11:55

    先日ジャンプでの連載が終了した(したよね、一応形の上ではね)銀魂。

    すでにアニメ放送も今現在出ている単行本を追い越していて、毎週ドキドキハラハラの月曜でした。あと数日でアニメに追いつく形で単行本も出るという。感慨深すぎる…まあ、続くんですけど。なんだったっけ?ジャンプGIGAという不定期雑誌で。

    銀さんは今までいろんな人たちの幸せに協力してきて、それは自分のためにもなっていたんだろうけど、こないだのアニメの台詞にもあった通り「からっぽ」ゆえに出来たことで。銀さん自身の幸せには、銀さんの原点である松陽先生のことを避けて通れないわけで、どうしても辛い場面が何度も出てくるし、その松陽先生自体も銀さん以上に辛い目に遭って今に至っているわけで。

    銀さんと高杉さんが揃ってようやく己の根本に向きあった時点でもう、「この場面が見られるとは…!」って空知先生を拝んでしまうのと同時に、つらい、つらすぎるよ…どんだけ銀さんに背負わす気だよ、空知のドS野郎ォォ!!とも思う(笑)

    つらいのに(笑)が付いちゃうのは、シリアスなトーンの中でもしっかり笑わせにくるから。しかもお互いディスりが酷いから(褒め言葉)。正直、歴史上の高杉さんのあれ、今ここで持ってくる!?と驚いたし、先生についてここまで描いてくれるつもりはなかったんじゃないかと思ったりした。

    そうこうしてるうちに10月に入ってしまい、え?改編時期越えるの?アニメ、いつまでやるの?原作もうなくない?と首を捻りながらも「まぁ越えたんだから、何かやるんだろうな」と思っていたら。来週、最終回の文字。まーじーでーかー。先週のドシリアスから今週の落差も酷かったけど(褒め言葉)、え、どうやって終わるのコレ?

    たしか、あと5話で終わるって発表された時ジャンプ買ったら、近藤さんとバナナの話しかしてなくて、(꒪д꒪)こんな顔になった覚えはあるんですけど、あの時点で残り5話でしょ?え、それを1話に詰め込むの?まじで?……。

    ネットではよりぬき銀魂さんで続くんでしょ?とかまたアニメ化するんでしょ?という声も見かけたけど、どうなんでしょうね。本当に、銀魂だからね。何があっても驚かないですけど、終わるんじゃないかな。一旦は。

     

    は〜〜……………

     

    淋しい。

    さびしいっす。

     

    このブログでつながった方々に銀魂面白いよって勧められて、一度アニメ観たけどよりによってギンタマン回で全然わかんなくて、またあらためて単行本読んでからアニメ観て、それが4期で、CDTV回で「ヅラじゃない桂だ!」を繰り返す謎の美形ロン毛と石田さんに一目&一耳惚れして、全巻読んで滂沱し、空知先生に心酔してとにかく関連の本やインタビューも全部読み、アニメDVDをコツコツ集め始めて、友人がUFOキャッチャーで銀さんフィギュア獲ってくれたり、一番くじに大人の本気出したり、グッズまで集め、妄想が文章になり、そこでまた交流が生まれたり、やがて森川さんが異三郎役で出てくれてイベントも来てくれて―ー。

    思い出がいっぱい。ぎゅうぎゅう詰め。はみ出そう。

    ここにある漫画もDVDもなくならないし、思い出も消えないけど。

    通ってきた時間が愛おしすぎて、やっぱりどうしたって淋しいです。

    何だよー好きな作品が終わって置いて行かれるのが嫌で置いていく方(漫画家)になったって言って、私たちを置いていくのかよーなんて八つ当たり文句が浮かぶ。知ってる。大人だから。永遠に終わらない作品なんて不可能だし、変わらないものなんてない。それでも、銀魂は「大人のふりして諦め顔して本当は諦めてなんかいないこと」を肯定してくれたから。見送るよ、ちゃんと。

    そう思っていたら、ああでしょ(笑)

    だいっすきだよ、空知先生!

    ちょっとだけ、さよならの準備をする時間をくれたんだと思っています。自分から手を振れるまで。ズバッと終わった方が恰好いいかもしれないど、こういう風に終わりまで読者を笑わせてくれる空知先生を心から尊敬しているし信用しています。

    ブログじゃなくて、手紙をね、書けよと思いはしつつ。暑苦しすぎるこんな想いは胸に秘めておいた方がいいのかなと思いながら、ここで吐き出している(笑)

    テレビで流れる銀魂という番組。ちゃっかり、ひょっこり、これから先も観られたらいいなとはいつまでも思っていようと、隙あらば声にしていこうと思う2018年10月。

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    ☆メールフォーム☆

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM